Anker PowerIQ 搭載 40W 5ポート USB急速充電器 (71AN7105) を購入しました

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載 iPhone5C/5S/5/4S/4/iPod/iPad/Xperia/GALAXY/ウォークマン等対応

iPhone の外出時の充電に Anker Astro3 第2世代 の容量 12000mAh のバッテリーを使っているのですが。いままで、家にあった適当な充電器を使って充電していました。その充電器が 1A ぐらいの出力だったので、さすがに 12000mAh もあると時間がかかるばかりでなく、気が付くと充電が止まっていることが多々あったので。同じく Anker の PowerIQ搭載 40W 5ポート USB急速充電器を購入しました。

以前購入して使用しいる Anker Astro3 第2世代 の容量 12000mAh のバッテリーはこんなのです。こちらも PowerIQ搭載。

Anker PowerIQ 搭載 40W 5ポート USB急速充電器 (71AN7105) の仕様

Anker 40w 5port charger 71an7105
入力 AC 100-240V
最大合計出力 5V / 8A
出力ポート 5V / 8A (最大)
サイズ 91 x 58 x 26mm
重さ 130g

5ポート搭載で、合計 8A の出力に対応しています。私は、iPhone 5s と iPad 3 と iPod touch 4 の 3つの充電に使っています。
で、まだ 2ポート余っているし、そろそろ久しぶりに Android も 1台欲しい…。

これだけパワフルだと結構大きのかな? と思っていましたが、思っていたよりコンパクトでした。

Anker 40w 5port charger 71an7105 size 01 Anker 40w 5port charger 71an7105 size 02

ベタな比較ですが、タバコより少し大きい程度です。

また、付属の電源コードが、約150cm で長過ぎるというレビューを何度か見かけたように思いますが。私はちょっと高い台の上に置いて、そこから USBケーブルを伸ばして、Mac や iPad を使っている机にちょうど良い状態なので、全く気になりませんでした。

あと、Anker 製品はすべて保証期間が、18ヶ月。安心です!

PowerIQ搭載、素晴らしい

詳しくは、メーカーのページを見ていただければ。と思いますが。
ANKER | PowerIQ

充電ポートに接続された機器を自動的に検知し、最適な電流を送ります。PowerIQ™を搭載したAnkerのモバイルバッテリーや充電器をお使いいただければ、どんなUSB充電機器をお使いの場合でも、フルスピード充電が可能になります。

という技術です。

これが素晴らしい。何が素晴らしいって、面倒くさいこと考えなくて良いからです。充電したくて、iPhone や iPad を使っているわけではなく、iPhone や iPad を使いたくて充電しているので、充電器の仕様とか考えるのが面倒くさいわけです。
かと言って付属のものをいちいち使っていると、電源アダプタの数が大変なことになるし…。
iPhone を使うようになってから、少し落ち着いたけど、以前は 1年と言わず、スマートフォンを買い替えていて、家に充電器やら、充電ケーブルやら大量にあります。もうね。どれがどれのものかも正直わかりません。

そんな私にもこれひとつあれば、どれでも充電できるので、電源周りもすっきりするし大助かりです。

知っておくとよいかもしれないこと

こちらは、Anker の製品ページですが、
Anker 40W 5ポート USB急速充電器 PowerIQ搭載 ブラック

「パワフルかつ安全を考慮した回路保護システム」という項目の中で、こんな説明がされています。

本製品の回路保護システムは、過電圧、過電流、加熱または回路のショートの発生時、シャットダウンしてシステムを保護します。

これは知っていると、2,500円ほどの充電器を便利に使ったがために、何万もするデバイスを壊すようなことがなくて安心して使えるシステムだと思いますが。
初期のものは即ヒューズが飛ぶ仕様だったようで。結果として、使えなくなるポートがどんどん増えてゆくという。それが原因で Amazon のレビューでも低評価に繋がってしまっていたみたいですが、いまはさらに改良が加わっているみたいです。

一度壊れてしまって、交換してもらった方のレビューによりますと。

購入時の商品は保護回路が働くことによりデバイスを守るため回路をシャットアウトした際、そのポートは完全に使えなくなるものでしたが、代替品は改善版で、シャットアウト後に電源プラグを抜き5分後に再度電源を挿すとポートが復旧するものになったようです。ただ、おおもとのヒューズはあるので完全に使えなくなる場合もあり、2段構えでデバイスを守りつつ利便性も高めたものになったようです。

と言うことなので、いまはより安心かつ、この充電器自体の耐久性も増しているのかな。充電器より大切なデバイスを守ってくれる仕様なので。よろしいかと。
あと、iPhone の電源アダプタでもたまに事故のニュースを聞きますが、やっぱり電源コードは怪しい物を使わないほうがよいみたいですね。

購入を検討する方は、Amazon のレビューを一度見てみると参考になると思います。

まとめ

電圧だの、電流だの、消費電力だの、よくわからないから、気をつけようとするとその都度調べる必要があって面倒くさい。Anker の PowerIQ 搭載製品であれば、面倒くさいこと考えなくても、それ 1台で全部充電できて、電源周りもスッキリ!

満足です。

ただ、私が使っているバッテリー、Anker Astro3 第2世代 12000mAh は、試しに全部使い切ってから充電してみたら、この充電器を使っても、10時間ぐらいかかりました。恐るべし 12000mAh…。まぁそのおかげで外出時の憂いがないわけですが。

個人的には、Anker の製品は満足度高いです。さすが元グーグラー (Google 社員) の会社!

私が購入してからしばらくして、60W も発売されました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT は、Apple、Google が特に好き。 音楽は、The Stone Roses、Johnny Marr が特に好き。 好きな飲み物は、ビール。 好きな食べ物は、ラーメン。 以上です。