Chromium のダウンロードとアップデート

Chromium

Chromium はオープンソースのブラウザで、Google Chrome はこの Chromium が元になっています。

なら、Chrome でいいじゃん。となりますが用途としては、両方入れておけばどっちががおかしくなっても、どっちかは使えるだろという、保険のようなものです。

もともと、Mac 版の Chrome がまだなかった頃に使い始めました。今は例えば、Chrome の Dev 版を試してみたくなった時とかに、保険になってくれます。

Chrome にあって Chromium にないもの

細かいことはおいておいて、主なものは以下のとおりです。

  1. Google のブランド
  2. Adobe Flash Player の同梱
  3. 自動アップデート

1 は当たり前で。2 はまぁ、必要ならプラグインをインストールすればいいし。他のブラウザも使っていると、結局プラグインをインストールするはめになるから、まぁ、いいとして。(しかし、Flash には早く引退してもらいたいものです。)

問題は、3 です。この自動アップデートが無いというのが、意外と面倒なのです。

Chromium のアップデート

これまで、Chromatic というアプリを使っていました。これがとても便利なアプリで、最新版をインストールして Chromatic 自身は自動で終了してくれます。

Mr. Gecko’s Media – Chromatic

ところが、少し前からうまく動かなくなってしまいました。しばらく様子を見ていましたが、アップデートもなく、いまだ動かないまま。いつまでも古いバージョンのブラウザを使っているのは、セキュリティも気になるし、精神衛生上よろしくないので、諦めて手動でアップデートすることにしました。

しかし、Chrome 系のブラウザはいくつもチャンネルがあって、ダウンロード先がわかりづらく、いつもググるはめになるから、自分のブログにメモしておくことにしました。

2014年11月13日 追記
なんと、Chromium を自動でアップデートしてくれる Chromatic が忘れた頃にアップデートされていました。
Chromium を自動でアップデートしてくれる Chromatic がアップデートして復活していた | R

Chromium のダウンロード

まず、Chromium のプロジェクトページは以下になります。

The Chromium Projects

しかし、ここからはダウンロードページに辿りつけず、結局ググりました。わかりづらい。私だけか? ダウンロードページは以下です。

Download Chromium – The Chromium Projects

するとこのページに「Easy steps」と「Not-as-easy steps」と、2つの方法があります。

Easy steps

Easy steps では
Open up https://download-chromium.appspot.com

とあるので、おとなしく上記の URL を開いて、「downloadchromium」をクリックすると、最新版をダウンロードできます。

Chromium download update 01
ダウンロードページ

Not-as-easy steps

こちらは、過去のバージョンもダウンロードすることができます。

以下のような説明があります。

  1. Head to https://commondatastorage.googleapis.com/chromium-browser-snapshots/
  2. Choose your platform: Mac, Windows, Linux, ChromiumOS
  3. Pick the Chromium build number you’d like to use
    1. The latest one is mentioned in the LAST_CHANGE file
  4. Download the zip file containing Chromium
  5. There is a binary executable within to run
Chromium download update 02

手順 1 の https://commondatastorage.googleapis.com/chromium-browser-snapshots/ を開くとこのようなディレクトリが開くので、ダウンロードしたい OS のディレクトリを開きます。

Chromium download update 03

すると、名前順で過去のバージョンも含めてだーっと大量に表示されます。

最新版をダウンロードするには。

  1. ファイルには日付が表示されているので「Last Modified」をクリックして「LAST_CHANGE」というファイルを一番上に表示する。
  2. 「LAST_CHANGE」の「Commit Position」の番号を確認する。
  3. 2 の番号を左上の「Filter」に入力する。
  4. 「LAST_CHANGE」の「Commit Position」と同じ番号のディレクトリを開く。
Chromium download update 04

「chrome-mac.zip」いうファイルがそれです。

あ~面倒くさい。おそらく開発者のために過去のバージョンもダウンロードできるようにしてあるとのだと思います。私のように最新版が欲しいだけの人は、おとなしく「Easy steps」の方でよいと思います。

自動アップデートの道も探ってみたけど

実は以下のブログで、Chromium Updater という拡張機能が紹介されていたので、試してみたのですが、残念ながら Windows 用の Chromium をダウンロードしてしまいました。

Chromium updater 01 Chromium updater 02

参考
GoogleChromeの親分にあたるChromiumをインストールと最初にやっておきたいこと。 | メモ帳代わりのブログ

まとめ

書いているうちに、ここまでする意味があるのか? という気分になってきました。Windows の方は上記の拡張機能やソフトなど、いくつか方法があるみたいなんですけど。

Mac はブラウザに限らず、ほとんどのアプリが自動アップデートしてくれるので、手動でアップデートをするというのが、凄く面倒に感じるようになってしまった。Windows を使っていた頃は普通だったのに。

しかも Chromium のことを調べているうちに、Chrome の Canary ビルドなら、自動アップデート機能もあるし、Chrome とも同時に利用できるということを知ってしまった。。。Canary ビルドに乗り換えようかな。

追記
Chrome の他のチャンネルのダウンロード先もまとめました

チャンネル豊富な Google Chrome のダウンロード場所まとめ | R

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT は、Apple、Google が特に好き。 音楽は、The Stone Roses、Johnny Marr が特に好き。 好きな飲み物は、ビール。 好きな食べ物は、ラーメン。 以上です。