「⌘英かな」は macOS Sierra の USキーボードユーザの救世主!

⌘英かな

先日リーリースされた macOS Sierra にさっそくアップグレードしたのですが、最も困ったのが Karabiner が Sierra に対応していなかったことです。

Karabiner というのはキーボードのカスタマイズができるアプリで、つまりキーバインドを変更することができるありがたいアプリです。

それの何が嬉しいかと言いますと。
私が特に恩恵を受けていた機能は、USキーボードの左右の Command キーを単独で押したときに、それぞれ JISキーボードの「英数」「かな」と同じ動作にしてくれることでした。

さらに言うとこれができないと、イヤ。つまり私には必須の神アプリだったのです。
そんな私を救う神がもう一人おりました。

その名も「⌘英かな」!
本当に助かりました。ありがとうございます。

こちらで知りました。
左右のコマンドキーを英数/かなに変更してくれるmacOS Sierra対応のキーボードカスタマイズツール「⌘英かな」がリリース。 | AAPL Ch.
ご存知の方が多いブログかと思いますが、マニアックな情報からライトな情報まで網羅されていて、いつもお世話になっております。

「⌘英かな」のインストール

⌘英かな

その前に Sierra の Gatekeeper について

「⌘英かな」は未署名なアプリなので Sierra では一手間必要です。
と言いますのも。Sierra では、Gatekeeper が強化されております。

El Capitan セキュリティとプライバシー

El Capitan まではあった「すべてのアプリケーションを許可」

Sierra セキュリティとプライバシー

Sierra ではセキュリティが強化されてこのオプションがなくなっております。もっとも Yosemite 以降は 30 日間使用しないとリセットされる仕様になっていましたが。何れにせよ強化されております。

これを踏まえまして。

いざ「⌘英かな」をインストール

右クリック「開く」

「⌘英かな」のサイトからダウンロードして解凍し、アプリケーションフォルダにぶち込んだら、初回起動時はダブルクリックではなく、右クリック (Control + クリック) メニューの「開く」から開きます。

すると「”⌘英かな.app”の開発元は未確認です。開いてもよろしいですか?」と問われます。

「よろしいですか?」も何も私が開いたんですけどね。よろしければ「開く」をクリックしてください。これで Gatekeeper を回避できます。こんな開き方するのも初回だけで OK です。

「⌘英かな」アクセシビリティの許可

次に「”⌘英かな.app”は、アクセシビリティ機能を使用してこのコンピュータを制御することを求めています。」とくるので、「”システム環境設定”を開く」をクリックします。

「⌘英かな」アクセシビリティの許可 1

するとシステム環境設定の「セキュリティとプライバシー > プライバシー > アクセシビリティ」が開きます。

左下の鍵のアイコンをクリックして Mac のパスワードを入力し「⌘英かな.app」を許可します。

「⌘英かな」アクセシビリティの許可 2

「⌘英かな.app」をクリックしてチェックを入れてあげてください。

これでインストールと準備が完了!

Command ei kana Open at login

デフォルトでチェックが入っていましたが。メニューバーの「ログイン時に開く」のチェックを確認しておくとより完璧。

たった今から昨日までと同じ、明日も明後日も同じ。快適な入力ソースの切り替えを体験できます!
ありがたや。

気になる Karabiner の今後

ひとまず「⌘英かな」のおかげで心安く Mac が使えるようになりました。重ね重ねありがたや。

しかし左右の Commandキーを「英数 / かな」とできることに較べると、私にとっては重要性が低いとは言え、他にも恩恵を受けていたので、長年お世話になった Karabiner の今後も気になるわけです。

macOS Sierraサポート状況

Karabinerは今のところmacOS Sierraでは動作しません。

Sierra対応は、まずは単純なキーの変更を行える機能をKarabiner-Elementsとして開発中です。
(設定画面を除くとSierra上で動作しています)

Karabinerのフル機能のSierra対応はKarabiner-Elementsが完成してから対応します。

https://github.com/tekezo/Karabiner-Elements

Karabiner – OS X用のソフトウェア

と言うコメントがサイトに掲載されていて「Karabiner-Elements」もとっても気になるのですが。私にとってもっとも重要な左右の Commandキーを「英数 / かな」にすることが、現状でできるのかできないのかも含めて、やり方が分からなかったので今回は「⌘英かな」にお世話になることにしました。

Karabiner の今後にも期待です。

これまでこのブログで紹介した Karabiner のメモ

US キーボードの Mac ユーザー必須アプリ KeyRemap4MacBook が バージョンアップ & Karabiner に名称変更

2014.07.10

Mac のアプリの終了を Karabiner を使って「Command + Q の長押し」に変更する方法

2014.09.21

VMware Fusion のゲスト OS でいつの間にか Caps Lock が有効になってしまう場合の対処法

2016.01.28

まとめ

テッカテカになるほど使用頻度が高い Commandキーが、JISキーボードだと私にはちと遠くて…。それで USキーボードを使うようになったのですが。
日本人である私は、英語よりも日本語を多く入力するわけです。すると当然入力文字の切り替えが必要になるのですが。USキーボードには、JISキーボードのような日本語向けのキーは当然用意されておらず、ずっと Karabiner にお世話になっておりました。
「⌘英かな」に感謝しつつ「Karabiner」の今後にも期待です。

余談ですが

macOS Sierra
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料 (記事公開時)
App

ところで macOS Sierra にバージョンをつけて表記する場合って、「macOS 10.12 Sierra」と「macOS Sierra 10.12」のどっちがいいんでしょうね。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT は、Apple、Google が特に好き。 音楽は、The Stone Roses、Johnny Marr が特に好き。 好きな飲み物は、ビール。 好きな食べ物は、ラーメン。 以上です。