Dropbox プロ の一番の利点は Packrat である!(期限間近、興味があるひとは急いで!)

Dropbox pro

先日、Dropbox のプラン設定が変更されて、Pro の容量が 1TB で統一されました。1TB て。ウケましたよ。ネタかと思いました。私は 100GB のプランを契約していたので、いきなり 10倍。全力で笑いましたよ。以前、50GB から 100GB になった時もややウケしましたが、1TB て。何度でも笑えるな。これ。

しかも 200GB を契約していた場合は、2TB になったという話もあります。1TB でこんだけウケるんだから、2TB って。。。 ん? てことは、500GB だった人は 5TB? やっぱりウケる。

しかし、今回の変更でもっとも知っておかなくてはいけないことは他にあります。
それは、Packrat が無くなってしまうということです。

Packrat(無制限のバージョン履歴)とは

Dropbox は標準で削除したファイルや旧バージョンのファイル履歴を 30 日間保存します。この 30 日間限定の機能を無制限にしてくれるのが Packrat オプションです。プロアカウントのオプションとして、契約するとこが出来ます。

個人的には Dropbox にお金を払っているのはこのためだったりします。これは事実上容量無制限であり、マルチデバイスでのファイル同期・共有サービスにとどまらず、バックアップサービスとしてとても有効だからです。

Google、Microsoft、Apple など大物プレイヤーも、今ではオンライン・ストレージ、クラウド・ストレージに真剣になっていて、正直この先、容量に対する単価はどんどん下がってゆくのではないかと思います。

となると、どのオンライン・ストレージをメインとして使うかは、決め手のひとつとして Packrat のような付加価値にあるのではないでしょうか。

今後は「エクステンデッド バージョン履歴(Extended Version History)」に変更

「エクステンデッド バージョン履歴」とは。

エクステンデッド バージョン履歴は、ファイルの履歴を1年間保存します。

これは Packrat と較べたら大幅なダウングレードだと言わざるをえないように思います。(1年間でも凄いけど)

Packrat を今後も使うためには

Packrat 及び エクステンデッド バージョン履歴 につてはこちらに詳しく説明があります。

エクステンデッド バージョン履歴とは – Dropbox

ここで一番注意しておきたいのは。

プロ プランで Packrat をご利用されていて、今後も無制限のバージョン履歴をご希望の場合は、2014 年 11 月 1 日までに Packrat をオプトインしてください。それまでにオプトインされなかった場合は、次回のお支払い期間より Packrat がエクステンデッド バージョン履歴へと自動的に移行されます。

ということなので、まだ間に合います。

しかし、こんな素晴らしいサービスを変更してしまうなんて。今まで通りにしておいても 1TB になったからと言って、急に Packrat にまで加入する人はごく一部な気がするけどなぁ。Dropbox にはぜひ考えなおしていただきたい。

Packrat のオプトイン

Packrat をオプトイン

こちらのリンクからオプトインできるようです。すみません。私はすでに Packrat が有効なのでリンク先を開いても、そのまま設定ページにリダイレクトされてしまって確認できませんでした。

Dropbox pro packrat 01

Packrat が有効だとこんな状態です。
ちなみに、2009年1月にプロアカウントにしたのですが、その当時はプロアカウントは無条件で Packrat を使うことが出来ました。その後、有料のオプションに変更になりましたが、その前に契約したアカウントにはずっと追加料金なしで、Packrat を使わせてくれていたみたいで、一度も Packrat のオプション料金を払ったことがありません。ですので現在、Packrat を契約している人とも上記画像の様子が一緒なのかもわかりません。

Packrat が有料のオプションになったことも、今回調べていて初めて知りました。ずーっと、そっと、加入当初の内容で使わせていてくれたなんて、感動した! しかもその後グレードアップした容量はちゃんとグレードアップしているし。

ユーザーを非常に大切にしてくれるところも Dropbox や Evernote が大好きなところでもあります 。日本の携帯キャリアに見習わせたい。

Dropbox pro packrat 02

そんなわけで、この画像は友人にわがまま言って、送ってもらいました。すでに「エクステンデッド バージョン履歴」になっていますね。Packrat はもはや裏メニューなのか。。。

何度も言うけど考えなおして欲しい。こんなサービスは Dropbox だけだったのに。。。。

こんな状況ですので、リンク先の様子はお伝えできないのですが、興味がある方は期限が迫っているので、ぜひ早めに確認してみてください。
Packrat をオプトイン

まとめといいますか、個人的な思いといいますか

2008年前後から、オンライン・ストレージ、クラウド・ストレージのたぐいのサービスが大量にリリースされては、消えて。を繰り返していますが、Dropbox はその中でも、そしてその当時から抜きん出ていて、使いやすさや安定性はもちろんのこと。そして CEO の発言などから事業の継続性も評価できました。なんといっても、スティーブ・ジョブズ率いる Apple の買収話を断った会社です。本気のほどが伺えるというものです。
デザイン変更を終えたDropboxのHouston、将来計画を語る – TechCrunch この記事の後半でスティーブ・ジョブズとのミーティングの様子が語られています。)
そして、今となってはオンライン・ストレージと連携するアプリで、選択肢に Dropbox が入っていないアプリを探すほうが難しいくらいです。

オンライン・ストレージに必要なことが全て備わっている!

とはいえ、オンライン・ストレージに何を求めるかは人それぞれでしょうから。価格の面で少々高めに感じてしまうところもあります。私も 1TB も要らないから、半額にしてくれ。とか。思ったりもします。

しかし、これは個人的な見解ですが、Dropbox はストレージ専業ですし、他のビックプレイヤーに較べて、企業の体力もないと思われます。であれば、一気に 1TB も使い切る人は稀でしょうから、Dropbox のサーバ負荷を急激に上げる心配もなく、実入りの減少を最小限に抑えられる「価格据え置きで、容量大幅増加」という手段に出たのかな。という感想です。

Google や Apple や Microsoft はストレージ事業に失敗しても簡単に潰れないので、ぜひ Dropbox を応援しましょう!

Dropbox はストレージ専業ゆえに、自社の他のサービスを意識した妙な縛りもないし、実際メインで使うオンライン・ストレージとして一番使い勝手が良いと思います。
また、ローカルのデータありきでそれを他のデバイスとも同期することを目的に始まったサービスですから、Google Drive や Microsoft の OneDrive のように、Web の方がどうなっているかということをデータの同期をしたいだけの人が意識する必要もなく、初心者にも一番わかり易いストレージサービスだと思います。

よろしければ こちら から、アカウントを作成していただくと、500MB 容量が追加されます。
ただし、私に登録に使ったアドレスが分かってしまうので、気になる方は捨てアドで登録して、登録後にアドレスを変更して下さい。
もちろん、そのアドレスを何かに使用することはありませんが、面倒くさいですね。

とにかく Dropbox のユーザーが増えれば嬉しいので、公式サイトはこちらです。
Dropbox

Dropbox
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (記事公開時)
App
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT は、Apple、Google が特に好き。 音楽は、The Stone Roses、Johnny Marr が特に好き。 好きな飲み物は、ビール。 好きな食べ物は、ラーメン。 以上です。