長年 Evernote プレミアムのユーザーだけど、新プラン「Evernote プラス」を検討してみた

Evernote new plan plus compare premium

Evernote に新料金プラン「Evernote プラス」が追加されました。価格改定については、かねてより噂がありましたが、まさかの新料金プランの追加です。

Evernote プラスと新しい Evernote プレミアム登場 – Evernote日本語版ブログ

Evernote は 2008年の夏頃に使い始めて、2009年 1月にプレミアムアカウントにしました。それからずっとプレミアムで使ってきました。しかし、お値段控えめな「Evernote プラス」も気になるので、確認してみました。

追記
プレミアムの月間アップロード容量が無制限から10GBに変更されました。無制限の部分は 10GBと読み替えてください。

Evernote、プレミアムの月間アップロード容量を無制限から 10GBに変更

Evernote
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (記事公開時)
App

新しい料金体系とプランによる機能の違い

Evernote Price

まず、気になるそれぞれのプランの価格です。

  • ベーシック 無料。
  • プラス 月額 240円。年額 2,000円。
  • プレミアム 月額 450円。年額 4,000円。

となっております。年額でみると、プラスはプレミアムの半額ですね。なんということでしょう。

しかし安く済ませても自分の使い方に合っていないプランにすると、無駄金になってしまいます。そこで、次にプランによる機能の違いを見てみます。

Evernote アカウントをアップグレード | Evernote

ベーシック プラス プレミアム
月間アップロード容量 60MB 1GB 無制限
気になる Web ページをクリップ保存
Evernote で共有&コミュニケーション
スマホとパソコンにデータを同期
ノートをオフラインで使用
モバイル版アプリにロックを追加
メールを Evernote に保存
Office 文書や各種ファイルの中まで検索
ノートをプレゼン資料に即変換
添付の PDF ファイルに注釈を追加
名刺をスキャンしてデジタル化
ノート履歴にアクセス
自分のノートに関連深いコンテンツを表示

個人的に気なったところを、赤字や太字にしてみました。

プランによる機能差で気になったところなど

個人的に気になったところの感想などを。少し。

月間アップロード容量。プレミアムが無制限、プラスが 1GB。

まず衝撃的なのが、プレミアムの月間アップロード容量が無制限になったことでしょうか。もはやプレミアムについては「月間」と言う言葉が必要ありません。
昨年 10月頃からプレミアムの月間アップロード容量は 4GBに増量されていて、さすがにひと月に 4GBもアップロードしないので、私としましてはこの頃から無制限も同然でした。

毎月アップロード容量がリセットされるのも緊張感があって好きだったんですけど、制限が無い方が当然安心して使えます。

またプラスは月間 1GBアップロードできて、年額だとプレミアムの半額。1GBあれば足りてしまうと言う人も多いのではないでしょうか? プレミアムが 1GBだった頃でも、注意して使っていれば、月間アップロード容量を超えてしまうことは、私はめったにありませんでした。

ちなみに、単体のノートの最大サイズは。ベーシック 25MB。プラス 50MB。プレミアム 200MBとなっています。こっちの方が影響が大きそうです。

ベーシックではメールによる保存ができなくなった

ベーシックでは、Evernote にメールを送信して保存することができなくなってしまいました。個人的には非常によく使っている機能なので、無料だと使えなくなってしまって、びっくり。とは言え、今さらベーシックに変えるつもりも無いんで、プラスでは使えて良かった。

それから、一日に送信できるノート数が 250通から、200通に変更されているので注意が必要です。200通も Evernote に送信するシチュエーションが浮かびませんが…。
と言いつつ。私はその昔、今はなき Google Reader でスターをつけていた記事全文を iPhone アプリの Reeder を使ってメールで Evernote に送信しまくって、制限を受けたことがあります…。一応注意しましょう。

私にはどの Evernote 製品が向いていますか? | Evernote ナレッジベース

Reeder 2
カテゴリ: ニュース
価格: ¥600 (記事公開時)
App

Office 文書や各種ファイルの中まで検索できるのはプレミアムだけ!

これが一番びっくり。適当にぶち込んでおけば、検索で何とか出来るところが、Evernote の好きなところだし、凄いところだと思っているので。そこんとこ気に入ったらお金払ってね。ってのは理解できるんですけど、せめてプラスでも使わせて。お願い。

すでに、Excel ファイルがいっぱい入っていて、今さら中身を検索できないとかあり得ません。

ここで私のプラスへの道は閉ざされました。今後もプレミアムで行きます!

ノート履歴にアクセスできるのもプレミアムだけ

これについては、それほど異存はありませんが。この機能があればより安心して使う事ができるので、やはりプラスにも開放しても良いのではないかと。

と、言いますのも。以前に Mac 版のアプリで不具合を出した時の解決策が、ノート履歴から復元するというもので。その際、無料アカウントにも個別に対応していたんですね。
つまり機能が開放されていないだけで、履歴の保存はされていると。だったら、それほどコストは変わらないのではないかなと思うのです。それなら、プラスにも開放してくれてもいいじゃーないの。

まとめ

Evernote
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (記事公開時)
App

いろいろわがまま言いましたが。あんまりプラスに機能を開放すると、プレミアムとの差が容量だけになってしまうので仕方がないですね。その分、ベーシックとプラスは、月間アップロード容量以外は、それほど大きな違いを感じません。

ただのオンラインノートではない Evernote を堪能したければ、今後もプレミアムが必要といった印象です。

そんなわけで、私はこれからもプレミアム継続です。

Evernote とか、Dropbox とか、Google Drive とか、iTunes Match とか、とか…。クラウドサービスなるものに、ちょっとお金を使い過ぎな気がするので、どこかで節約したかったんですけど…。
ここで Evernote の利便性を下げてしまっては、いままでせっせと Evernote にデータを詰め込んできた効果も著しく下がってしまうので。プラン変更は見送りです。

余談ですが

今回、プレミアムのアップロード容量が無制限になって、それはそれで嬉しいんですけど。Evernote は継続して使うものだから、短期の容量拡大より、むしろ最大ノート数の拡大をずっと願っておるのですが、今回もその願いは叶いませんでした。

最大ノート数は 100,000のままです。

長年使っていると、だんだん月間アップロード容量は落ち着いてきて、最大ノート数の上限にゆっくりと、しかし確実に近づいていることの方が、よっぽど気になっている方も多いのではないでしょうか?
(使い始めた頃に、1GBとか無制限だったらもっと素直に喜べた気がする…。足りなくなって追加の容量を購入したことも何回もあるし。)

Evernote さん、いずれそこんとこも対応お願いします!

Evernote のシステムにはどのような制限がありますか? | Evernote ナレッジベース

機能制限やシステムの制限って、使い方によって別に制限に感じなかったりもします。しかし料金を決めるにあたり、制限事項も知っておいた方が、適切に選べると思いますので、システム上の制限も確認することを勧めします。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT は、Apple、Google が特に好き。 音楽は、The Stone Roses、Johnny Marr が特に好き。 好きな飲み物は、ビール。 好きな食べ物は、ラーメン。 以上です。