Google 日本語入力の辞書を Dropbox を使って同期する方法

Google IME

結構、前になりますが「Google 日本語入力」の開発版にだけ搭載されていた、同期機能が廃止されてしまいました。

Google 日本語入力開発版の同期機能廃止について – Google Developer Relations Japan Blog

理由が語られていないように思うのですが、セキュリティ的な理由ですかね?

一応、セキュリティは気にする方ではありますが、Baidu IME と Shimeji の件とかもありますし。

ただ、Google は基本的に信用するスタンスで接しています。

印象の違いとして。「使えるものは使ったれ」と思っている企業と、「ユーザに逃げられたらお終いだ」と思っている企業では大きな違いがあると思っています。そのうえで、ミスや、間違いは必ずあるので、それだけは理解して使っているつもりです。

そもそも過去 10年以上に渡って Google を使ってきて。さらに Gmail のアドレスをメインのアドレスとして使い始めたあたりから、もはや利便性優先でとっくに Google に魂を売り渡しております。というか Google 大好き。
しかし、Google Reader を終了した件についてはいまだに恨んでおりますが…。

こんな私には便利な機能だったのですが、無くなってしまったものは仕方がないので、いまは Dropbox を使って同期しています。

シンボリックリンクを使って Dropbox で同期する

データの同期関係で困ったときは Dropbox & シンボリックリンクです。

シンボリックリンクについてはこちらも参考にして下さい。
知っておくと何かと重宝するシンボリックリンクを Mac で作成する方法 | R
Mac OS X のターミナルでフォルダを簡単に指定する方法 | R

作業前に一応、入力システムを Google 日本語入力から Mac 標準のものに切り替えておきましょう。

Google japaneseinput sync dorpbox 01
メニューバーから切り替えができます。もしくは、

Google japaneseinput sync dorpbox 02
「Command(⌘) + スペース 」で。

Google 日本語入力のデータを Dropbox 内に配置する

まずは、Dropbox で同期するために、データを Dropbox にぶち込みます。Google 日本語入力のデータの場所は、

/Users/ユーザ名/Library/Application Support/Google/JapaneseInput/

です。

この「JapaneseInput」というフォルダを Dropbox 内の好きな場所にコピーします。

私の場合、Dropbox でアプリ関係のデータを同期するために、Mac のシステムにならって「Library」というフォルダを Dropbox 内に作ってあります。
このような場合は大抵そこに入れています。

Dropbox のフォルダ内に「JapaneseInput」をコピーできたら。
元の「JapaneseInput」は、なんでもいいので、念のためいきなり削除せず、「JapaneseInput 1」など、いったんリネームしておきます。

元の場所にシンボリックリンクを作成する

Dropbox に配置した「JapaneseInput」のシンボリックリンクを元の場所(/Users/ユーザ名/Library/Application Support/Google/)に作成します。

シンボリックリンクを作成するときの呪文は、

ln -s (シンボリックリンクを作成したいフォルダやファイルのパス) (シンボリックリンクを置きたいフォルダのパス)
ですので。

私の場合は。

となります。ターミナルに「ln -s 」と入力したら、Dropbox に配置した「JapaneseInput」フォルダをドラッグして、さらに、元々「JapaneseInput」があった Library/Application Support 内の「Google」フォルダをドラックします。
「コマンド」と「それぞれのフォルダ」の間には半角スペースを入れて下さい。

そして「return」で実行!

これで、終了です。

Google japaneseinput sync dorpbox 0

入力システムを Google 日本語入力に戻して、問題なく動作していれば、「JapaneseInput 1」などとリネームしたフォルダは削除して OK です。

Dropbox でなく iCloud Drive でもあり

ちなみに、Yosemite 以降の Mac なら、Dropbox でなくても iCloud Drive を使うのもありですね。

iCloud Drive についてはこちらも参考にして下さい。
Yosemite がリリースされたので、晴れて iCloud Drive にアップグレードした | R

同期したいデータを iCloud Drive に置いた場合は、シンボリックリンクを作成するときにターミナルにドラッグするフォルダは以下になります。

「/Users/ユーザ名/Library/Mobile Documents」

が iCloud Drive のフォルダです。

まとめ

複数台の Mac を使っている場合、今使っている Mac に何か変更を加えたら、別の Mac にも反映されたほうが余計な手間がなくて、やはり幸せになれます。

Google には、ぜひ iOS にも Google 日本語入力をリリースして欲しい。同期機能も復活したうえで、お願いします。


OS X Yosemite App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料 (記事公開時)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT は、Apple、Google が特に好き。 音楽は、The Stone Roses、Johnny Marr が特に好き。 好きな飲み物は、ビール。 好きな食べ物は、ラーメン。 以上です。