iPhone の Google Maps にパソコンで開いている Google マップの場所を送信する方法

Google Maps

少し前に iPhone アプリの Google Maps がバージョン 4.7.0 にアップデートして、パソコンのブラウザで開いている Google マップの場所を、iPhone アプリの Google Maps に送信できるようになりました。

今となっては、ブラウザで見ているページをスマートフォンに送信する方法はいろいろありますが。使ってみたら通知から直接 Google Maps を開けたり、アカウントに保存したりする手間が省けて、これはこれで便利でした。

Google Maps
カテゴリ: ナビゲーション
価格: 無料 (記事公開時)
App

iPhone の Google Maps でパソコンの Google マップから送信した場所の通知を受信するための設定

Iphone google maps 4 7 0

初めに設定が必要なので、使うかもしれない場合は設定しておきましょう。

Google maps push notifications to iphone 01
Google maps push notifications to iphone 02

iPhone の Google Maps の設定は検索窓にある三本線をタップするとメニューが開いて、そこから開けます。

Google maps push notifications to iphone 03
Google maps push notifications to iphone 04

設定を開いたら、一心不乱に「通知」を開いて有効にします。

設定はこれだけ。

パソコンから iPhone に場所を送信してみる

Google maps push notifications to iphone 05

パソコンのブラウザで Google マップで送信したい場所を開いたら、検索窓の下に表示される情報の中から「携帯端末に送信」をクリックします。すると設定済みの端末が表示されるので、先ほど設定した iPhone をクリックすれば OK です。

Apple Store 表参道の場所を iPhone に送信してみました。もう知ってる場所だけど…。

Google maps push notifications to iphone 06
Google maps push notifications to iphone 07

すると iPhone に通知が入り、タップすると Gppgle Maps が開いて、表示するか否か問われるので、迷わず「表示」をタップしちゃってください。

Google maps push notifications to iphone 08

無事 iPhone の Google Maps で Apple Store 表参道が開けました。

そのまま現在地からのルート検索もできます。便利!

まとめ

スマートフォンを使い始めた頃、大いに感動したアプリのひとつが Google マップでした。その頃は、iPhone も Android もまだ無い頃で、Windows Mobile を使っていていました。
Google が Windows Mobile 用に Google マップのアプリを出していて、ほんのり方向音痴な私は、その場で調べたラーメン屋に迷わず行けるという現実に痛く感動したものです。

今ではスマートフォンの使い勝手や通信速度が向上して、場所の検索ぐらいなら直接 iPhone で検索してもまったく煩わしいことは無いですが。目の前に Mac と iPhone があったら、私は圧倒的に Mac を使うことのほうが多いので、Mac で調べてから、iPhone に送りたくなったときに便利そうなので、設定しておいてみました。

Google Maps
カテゴリ: ナビゲーション
価格: 無料 (記事公開時)
App
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT は、Apple、Google が特に好き。 音楽は、The Stone Roses、Johnny Marr が特に好き。 好きな飲み物は、ビール。 好きな食べ物は、ラーメン。 以上です。