iOS 9 の Spotlight で 1Password のデータを検索できるようにする方法

1Password

iOS 9 から Spotlight でアプリ内のデータも検索できるようになりました。多くのアプリは、特に設定せずとも、Spotlight の検索対象になるみたいですが、中にはアプリ側で設定が必要な場合もあるようです。

1Password もアプリ側の設定が必要でした。

1Password の場合、保存されているデータが、パスワードなどの重要なデータですから。OS と言えども勝手に読み取ってもらっちゃあ困ると言うことですね。

1Password
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (記事公開時)
App

Spotlight で検索できるのは、1Password 6.0 からとなります。

1Password の設定

Ios9 spotlight 1password 01
Ios9 spotlight 1password 02

1Password を起動したら「設定 > 一般」と進みます。

そして、「Enable Spotlight Search」をオンにすれば OK です。

iOS の設定も確認

私の環境では、デフォルトですべてのアプリが Spotlight の検索対象として有効になっていましたが、一応 OS 側の設定も確認します。

Ios9 spotlight 1password 03
Ios9 spotlight 1password 04

Spotlight の設定は、「一般 > Spotlight検索」にあります。設定を開いて一番上にある検索窓で検索しても良いかと思います。

Ios9 spotlight 1password 05

「Spotlight検索」が開けたら、1Password が有効になっているか確認しておきます。

Ios9 spotlight 1password 06

これで、Spotlight で 1Password に保存してあるパスワードの検索ができるようになりました。
表示された中に該当のものがない場合は、右上の「さらに表示」をタップすると表示数を増やすことができます。

タップすると、1Password が起動します。マスターパスワードを入れるなり、Touch ID なりでロックを解除するとそのパスワードを開くことができます。

まとめ

1Password を開いてから、カテゴリーに移って検索することがよくあるので、これは便利!

ただ、Spotlight 検索 は、デフォルトで全てのアプリが有効になっていました。何でもかんでも有効になっているとインデックスしたりするのに、デバイスのリソースやバッテリーを喰うだろうから、デフォルトではオフで、必要なものをオンにする仕様の方が良かったな。大量にオフにするのが、ちと面倒でした。

1Password
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (記事公開時)
App
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT は、Apple、Google が特に好き。 音楽は、The Stone Roses、Johnny Marr が特に好き。 好きな飲み物は、ビール。 好きな食べ物は、ラーメン。 以上です。