iPhoneのアプリ「メッセージ」でiMessageとSMSを見分ける方法

iPhone メッセージアプリ

先日いつも iMessage でやりとりしている友人から「このメッセージは他社の携帯とやりとりすると、お金がかかるのか?」といった質問を受けました。そのときに iMessage なら他社の iPhone が相手でもパケット定額の範囲内であることと SMS が送信されないようにする設定を伝えました。

しかし同じアプリで iMessage も SMS も MMS も送信できるため、たしかにややこしい。私自身も SMS はあまり使ったことがなかったので、iMessage と SMS ってどう区別するんだろう? と思って調べてみました。

まず iMessage と SMS の違いを簡単に

iMessage

  • Apple ID を使って送信するAppleのサービス。
  • iPhone、iPad、iPod touch、Macで使用可能。
  • 文字数制限なし。
  • 料金はパケット定額の範囲。

SMS

  • 電話番号宛に送信する携帯会社のサービス。
  • 携帯電話で使用可能。
  • 文字数に制限あり。半角で160文字、全角で70文字。
  • パケット定額ではなく、通話料が課金される。

ついでに MMS

  • いわゆるキャリアメールのこと。ただし、いまのところドコモは MMS ではなく独自仕様。
  • 料金はパケット定額の範囲。

以上ざっくりとですが。

iMessage は青、SMS/MMSは緑!

それでは見分け方を。 

まず、iMessage

iPhone iMessage
 

吹き出しが青です。ついでに入力中は「送信」のボタンも青くなります。

続いて SMS

IMG 4457 

SMS あんまり使っていないので、au のメール設定するときに送ったやつです。

吹き出しが緑になります。こちらも入力中は「送信」ボタンが緑になります。ついでに MMS も緑です。

知っていれば意外とわかりやすい。

SMS が送信されないようにする

最後に今回は SMS で料金が発生してしまうことを心配しての出来事だったので、SMS が送信されないようにする設定を。

iPhoneでSMS無効にする
 

「設定」>「メッセージ」>「SMSで送信」をオフにする。

ただし、iMessage が使えない相手(iPhoneじゃないとか)だと SMS も送信できてしまいます。

まとめ

  1. iMessageは青
  2. SMS/MMSは緑
  3. 心配なら「SMSで送信」をオフ。ただし、確実ではない。

以上です。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT は、Apple、Google が特に好き。 音楽は、The Stone Roses、Johnny Marr が特に好き。 好きな飲み物は、ビール。 好きな食べ物は、ラーメン。 以上です。