iOS のパブリックベータを試す方法

IOS10 preview

macOS や iOS といった Apple の OS のベータ版は、以前は有料の Apple Developer Program に参加せねば利用することができませんでした。その Apple Developer Program に参加するためには、1016年 7月現在 年間 99米ドルが必要です。
そのためいくら最新の OS に興味があっても、デベロッパーではなく App Store にアプリを登録するわけでもないただの Apple 好きには、いささかハードルが高いものでした。

しかし今では、Apple Beta Software Program というものがあり、Apple ID を持っていれば誰でも無料で参加することができます。

そこで iOS 10 のパブリックベータを試しにインストールてみました。

iPhone 5s に iOS 10 パブリックベータをインストールしてみた

私は現在 iPhone 6s を使用しておりますが、メインの電話でもある iPhone 6s にベータ版の OS をインストールするのは如何なものかと思いますので、すでに一線を退いている iPhone 5s にインストールしてみました。

0. 事前準備 : iPhone 5s バックアップし、そのバックアップをアーカイブする

まずはパブリックベータから現行の iOS に戻したくなったときのために、iPhone をバックアップし、さらにそのバックアップをアーカイブしておきます。

IPhone Backup Tunes

バックアップする際のポイントは、「iPhone のバックアップを暗号化」にチェックを入れて暗号化することです。これによりパスワード、ヘルスケアのデータ、HomeKit のデータなどもバックアップすることができます。

IPhone Backup Tunes archive 01

バックアップできたら iTunes のメニューの「iTunes」から、もしくは「⌘ + ,」で環境設定を開き、デバイスタブでパブリックベータをインストールする予定の iPhone のバックアップを右クリックメニューからアーカイブしておきます。

IPhone Backup Tunes archive 02

アーカイブすると、アーカイブした日時が付与されます。

参考
iOS ベータ版ソフトウェアについて – Apple サポート

1. Apple Beta Software Program に参加する

Apple Beta Software Program

事前準備が整ったところでパブリックベータをを試すために、Apple Beta Software Program に参加します。

まずは以下のリンクから Apple ID でログインして Apple Beta Software Program に参加してください。
Apple Beta Software Program

2. iPhone を登録する

ここからは、パブリックベータをインストールする iPhone で作業します。

iPhone で beta.apple.com/profile にアクセスして (要 Apple ID でのログイン)、構成プロファイルをダウンロードします。

IOS Beta Configuration profile Download

ここで「プロファイルをダウンロード」をタップすると。

IOS Beta Configuration profile 02

iPhone のパスワードを求められ、続けて「”APPLE INC.” からのメッセージ」が表示されます。ここで揺るぎない意志で右上の「インストール」をタップします。

IOS Beta Configuration profile 03

すると最終確認の「インストール」が表示されるのでさらにそれをタップ。

IOS Beta Configuration profile 04

再起動が促され、再起動したらプロファイルのインストールは完了です。

不安な方は再起動後、設定アプリの「一般 > プロファイル」を開くとプロファイルがインストールされていることを確認することができます。

IOS Beta Configuration profile 05

ここに「iOS Beta Software Profile」があれば OK です。

参考
Apple Beta Software Program

3. iPhone をアップデートする

2のプロファイルのダウンロード & インストールまで完了したら、iPhone をアップデートします。そう、アップデートなんです。なんとお手軽な!

IOS Software Update Public Beta

設定アプリで 「一般 > ソフトウェアアップデート」と進むと、7月 24日現在では、「iOS 10 Public Beta 2」が現れます!

ここからは、いつもの iPhone のアップデートと同じステップです。次に記載する注意点も確認していただき、問題なければインストールしましょう。

IOS Software Update Public Beta download

パブリックベータに参加する心構えや注意点など

パブリックベータと言えども Apple の機密情報です

Apple は元々とっても秘密主義です。パブリックベータのようなプログラムは昔では考えられないことでした。ありがたいことです。今後もこの恩恵にあずかるためにはルールを守る必要があります。

Apple Beta Software Program を始めたからと言って、何でもかんでもおっぴろげにしたわけではありません。
Apple Developer Program に参加している人々と同じく秘密保持契約(NDA)というものの責務を負っております。

パブリック・ベータ・ソフトウェアは機密情報ですか?
はい、パブリック・ベータ・ソフトウェアは Apple の機密情報です。そのため、自分が直接管理していないシステムやほかのユーザと共有しているシステムにパブリック・ベータ・ソフトウェアをインストールすることや、スクリーンショットを公開または投稿すること、パブリック・ベータ・ソフトウェアに関する情報を Twitter などのサービスで公開すること、Apple Beta Software Program の参加者以外の人にパブリック・ベータ・ソフトウェアの話をしたりその画面を見せたりすることなどは禁止されます。ただし、Apple がパブリック・ベータ・ソフトウェアに関する技術情報を公開した場合、その情報は機密扱いではなくなります。

Apple Beta Software Program

Apple の気が変わってしまうことのないよう、ルールは守りましょう。
幸い「ただし、Apple がパブリック・ベータ・ソフトウェアに関する技術情報を公開した場合、その情報は機密扱いではなくなります。」とあるので、WWDC で発表された内容などは OK と言うことになります。

ベータですからリスクは付き物です!

ベータ版なので、どんな不具合があってもたじろいではいけません。

こんな恐ろしい不具合もあったりします。
iOS 10のベータテスターにApple IDがロックされ解除できない恐れ。2ファクタ認証が影響 – Engadget Japanese

7月 24日に「iOS 10 Public Beta 2」をインストールしましたが、現在はこの問題は解消されているようです。問題ありませんでした。

オフィシャルの「よくある質問」にも目を通すことをお勧めします。
Apple Beta Software Program – よくある質問

iOS 10 のパブリックベータ、インストールできました!

そうこうしているうちに、iOS 10 パブリックベータのインストールができました!

IOS10 Public Beta 01

ここから、いつものアップデートのプロセスを経て。

IOS10 Public Beta 02 IOS10 Public Beta 03

無事に iOS 10 にアップデートできました!

まとめ

禁断の果実を手に入れました!

暇を見て楽しんでみようと思います。iPhone 5s にインストールしたので、3D Touch 周りの新機能を試せないのが残念ですが。メインで使っている 6S にインストールする勇気がありませんでした…。

余裕があれば、公開が許されている範囲でブログにもメモしてみたいと思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT は、Apple、Google が特に好き。 音楽は、The Stone Roses、Johnny Marr が特に好き。 好きな飲み物は、ビール。 好きな食べ物は、ラーメン。 以上です。