Yosemite で起動しなくなった VMware Fusion 5 から Parallels Desktop 10 に乗り換えた。その2 ゲスト OS は Mac OS X Mavericks。

Parallels

Windows 7 を移行した続きで、今度は Mac OS X Mavericks を VMware Fusion 5 から Parallels Desktop 10 に移行しました。

Yosemite で起動しなくなった VMware Fusion 5 から Parallels Desktop 10 に乗り換えた。その1 ゲスト OS は Windows 7。 | R

こちらのメモで軽く触れたましたが、Mavericks は変換したけど、エラーになり起動しませんでした。
で、結論を言いますと。Parallels Desktop 10 に Mavericks をインストールしてから、Time Machine のバックアップからリカバリしました。

とても長いですけど、ほとんどスクリーンショットなのでスクロールして飛ばしながら、役に立ちそうなところがあれば、そこだけ読んでやってください。

Mac OS X を仮想化するにあたり、ライセンスが気になる方はこちらも参考にしてください。
Mac OS X を仮想OS として使用する場合のライセンスについて再確認した | R

変換するも、起動せず

変換については、 Windows 7 の乗り換えメモを参考にして下さい。

Parallels Desktop Mavericks conversion

変換はできたんですけどね。

下のよなエラー画面になってしまいました。

Parallels Desktop Mavericks error 01 Parallels Desktop Mavericks error 02 Parallels Accessibility

ちなみに OS X がゲスト OS の場合、初回起動時にアクセシビリティの許可を求められます。

Mac に仮想化して Mac OS X を入れているのは、何かあったときや試してみたいことがあった時の検証用で、特に大事なデータも入っておらず、この時点では VMware Fusion のファイルはバックアップしてあったけど、Time Machine でのバックアップはとっていなかったので、もういいかなとも思いましたが。Time Machine をサーバで運用しておりまして。試しに Time Machine サーバからリカバリしてみたくなったので、続行することにしました。

Time Machine でバックアップ

Time Machine からリカバリするためには、当然 Time Machine にバックアップを取っていなければならないのですが、既に VMware Fusion 5 は起動しなくなってしまっていたので、VMware Fusion 7 の評価版を使ってバックアップしました。ありがたや。

VMware Fusion 7 の評価版はこちらでダウンロードできます。期限は確か 30日だったと思います。
VMware Fusion または Fusion Pro の試用再起動せずに Mac 上で Windows を実行 | VMware 日本

Parallels Desktop 10 に Mavericks をインストール

Parallels Desktop Yosemite install

Yosemite をインストールする場合は「復元パーティションを使用して OS X をインストール」という方法が用意されていますが、既に一世代前の OS X である Mavericks の場合は、「OS X Mavericks インストール.app」が必要です。やっぱり、とっておいてよかった。

具体的には OS X Mavericks インストール.app を右クリックして「パッケージの内容を表示」をクリックして開き。 Contents > SharedSupport にある「InstallESD.dmg」が必要になります。

しかし、現行 OS である Yosemite だったら インストール.app なくてもよいというのは、Parallels やるな。

それでは Mavericks をインストールします。

Parallels Desktop Mavericks install 01

新規仮想マシンのメニューから「DVDイメージファイルから Windows/その他 OS をインストール」を選択。ちなみにここ、クリックでよさそうな顔してますけど、ダブルクリックです…。

Parallels Desktop Mavericks install 02

絶対にないところを探しているので「手動で探す」を選択。

Parallels Desktop Mavericks install 03

ここで、「イメージファイル」をクリックすると、イメージファイルをドラックすることができるので、先ほどの「InstallESD.dmg」をドラッグ!

Parallels Desktop Mavericks install 04

認識されたら、迷わず「続行」。

Parallels Desktop Mavericks install 05

6.1GB 必要。承知。

Parallels Desktop Mavericks install 06

保存先を決めた後、ディスクイメージファイルの作成が始まります。

Parallels Desktop Mavericks install 07

ディスクイメージの作成が終ったら、仮想マシンの名前などを決めて続行します。

しばらく待ってインストールが終わると、実機にインストールした時同様に OS X のセットアップになります。

既にずいぶん長くなっていますが、実機にインストールした時はスクリーンショットなど撮れないし、せっかくなので OS X Mavericks のインストールウィザードのスクリーンショットを載せておきます。Mac を使っている方には見慣れた画面だと思うし、スクリーンショットを順に乗せているだけなので必要ない場合は、下にダーッとスクロールしてしまって下さい。

Mavericks install 01 Mavericks install 02 Mavericks install 03 Mavericks install 04 Mavericks install 05 Mavericks install 06 Mavericks install 07 Mavericks install 08 Mavericks install 09 Mavericks install 10 Mavericks install 11 Mavericks install 12 Mavericks install 13 Mavericks install 14

ちなみに最後までセットアップせずに、Time Machine からリカバリすることもできるのですが、何故かそこではサーバに接続できず、一抹の不安を抱えつつ、最後までセットアップしてからリカバリすることにしました。

それと、後からリカバリするので、登録関係は全てスキップ。

特記事項としては、セットアップ中、Parallels が 8回落ちました。まぁ、再度起動すると何事もなかったかのごとく続きから始まるので、それほど気になりませんでしたが。いや、3回目ぐらいからだんだんイラッと来ました。

移行アシスタントを使って Time Machine サーバからリカバリ

Mavericks のセットアップ中に Time Machine からリカバリすることができなかったので、インストール後に移行アシスタントを使って、Time Machine サーバに接続してリカバリしました。

移行アシスタントは「アプリケーション > ユーティリティ」にあります。

Migration Assistant 01 Migration Assistant 02 Migration Assistant 03

サーバに接続します。

Migration Assistant 04

仮想マシンのバックアップを選択して、「続ける」をクリック。

Migration Assistant 05 Migration Assistant 06 Migration Assistant 07

最後までセットアップしてユーザが作成されており、そのユーザとバックアップされているユーザが同じ名前だったためこのような確認画面になりました。

Migration Assistant 08 Migration Assistant 09

Asepsis は、やっぱり「互換性がない」と怒られる。

Asepsis を使っている方は、以下も参考にして下さい。

Mac を Yosemite にアップグレード後、Asepsis が互換性のないソフトウェア扱いになってしまった場合の対処法 | R

Migration Assistant 10

これで、もとに戻すことが出来ました。

復元後は、VMware Tools をアンインストールして、Parallels Tools をインストールしました。

VMware Tools をアンインストールするために、VMware Fusion の方でアンインストーラーを保存しておくことをお勧めします。

まとめ

ネットワーク越しにリカバリするというのが、なんとなくうまくいくのか不安がありましたが、最終的にはうまくいきました。これで、Mac の本体の Time Machine サーバへのバックアップも安心して、継続できます。

Mac は Time Machine でバックアップさえとっておけば、どうとでもできるな。素晴らしい!

VMware Fusion 7

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT は、Apple、Google が特に好き。 音楽は、The Stone Roses、Johnny Marr が特に好き。 好きな飲み物は、ビール。 好きな食べ物は、ラーメン。 以上です。