WordPress のインストール手順(さくらのレンタルサーバにマルチドメインで)

Wordpress orange

さくらのレンタルサーバ に、WordPress をクイックインストールを使わずにインストールする手順のメモです。

クイックインストールを使ってもいいのですが、いまいち仕様がつかめなくて。初めて WordPress をインストールしたときに、思っていた形にならなくて、後からいろいろ調べて直した記憶があります。

それからはクイックインストールは、使わないことにしています。その方が面倒がないので。これは個人的な感想ですけど。

おおまかな手順は以下のとおりです。

  1. データベースの作成
  2. WordPressをインストール

以上。

サーバにデータベースを作成する

WordPress をインストールする前に、あらかじめサーバにデータベースを用意します。

私はさくらのレンタルサーバを利用しているので、さくらのレンタルサーバでデータベースを作成する方法の説明になります。

さくらインターネットのコントロールパネルからの作業になるので、こちらからさくらインターネットサーバコントロールパネルにログインします。

Creating the database 01
コントロールパネルにログインできたら、左のメニューのアプリケーションの設定から「データベースの設定」を開きます。

Creating the database 02
そして「データベースの新規作成」をクリック

Creating the database 03
すると、「データベースの新規作成」の画面になります。

データベースを作成するのが初めてではないので、「接続用パスワード」は既に設定されています。

ここでの注意点は、WordPress をインストールするためのデータベースですから、文字コードは「UTF-8」を選択します。

接続用パスワードを設定する場合は、こちらにある「接続用パスワードの設定ルール」も参考にして下さい。

リンク先はさくらインターネットの公式ガイドです。
WordPressでブログを始めよう!|オンラインマニュアル|さくらインターネット公式サポートサイト

入力できたら「データベースを作成する」をクリックして、データベースの作成は終了です。

WordPress のインストール

あらかじめこちら(WordPress 日本語サイト)で、WordPress の最新版をダウンロードして解凍しておきます。

FTP で WordPress のファイルをサーバにアップロード

ここでは、マルチドメインの設定をしていることを前提にして、WordPress のファイルのアップロードについてメモします。

マルチドメインについては、こちらも参考にして下さい。

非公開の WordPress ブログをさくらのレンタルサーバに作成する方法 | R

さくらのレンタルサーバで複数の独自ドメインで WordPress を運用する方法(マルチドメインの設定方法) | R

例えば、「example.com」というドメインのために、「example」というフォルダをマルチドメインの「指定フォルダ」としてサーバで設定した場合、WordPress のファイルは、この「example」の直下にアップロードします。

WordPress FTP
こんな状態になります。

こうすることで、「example.com」にアクセスしたときに、ブログのトップページを開けます。

また、WordPress の設定も「WordPress アドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」が一致した、気持ちのよい状態になります。

WordPress URL
いい感じ。

いよいよ WordPress のインストール作業

ここまでくれば、あとはサイトにアクセスして、言われるがまま進めるだけです。

今回の例では「example.com」にアクセスします。

Wordpress instal 01
するとこんなのが表示されるので、素直に「設定ファイルを作成する」をクリック。

Wordpress instal 02
「さあ、始めましょう!」では、お言葉に甘えて始めさせていただきます。

Wordpress instal 03
ここで、いよいよ WordPress の設定に入るのですが。さっきさくらインターネットのコントロールパネルでデータベースの設定した時と、微妙に用語が違っていて、いつもビクビクしながら設定するはめになるので。これもメモしておきます。

比較のために、再登場
Wordpress instal 04

WordPress さくら
データベース名 データベース名
ユーザー名 データベース ユーザー名
(初期アカウント名)
パスワード 接続用パスワード
データベースのホスト名 データベース サーバ

「データベース ユーザー名」と「データベース サーバ(の名前)」は、さくらインターネットのコントロールパネルに入って左のメニューの「データベースの設定」を開くと確認することができます。

「テーブル接頭辞」というのは、ひとつのデータベースに複数の WordPress をインストールした場合に、区別するためのものだそうです。

すべて入力できたら「送信」!

Wordpress instal 05
そして、「インストール実行」!

Wordpress instal 06
完成間近。

ここは特に迷うところはないと思いますが。非公開のブログや、すぐに公開する予定がない場合は、「検索エンジンによるサイトのインデックスを許可する。」のチェックは外しておいた方がよいと思います。
これはあとから、「設定」> 「表示設定」から変えることもできます。その場合は少し名前が違っていて「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」という項目にチェックを入れて下さい。

すべて入力できたら「WordPress をインストール」!

Wordpress instal 07
「成功しました!」

ありがとうございます。
念のため「ログイン」をクリックしてログインしてみましょう。
もしくは「example.com/wp-login.php(自身のドメイン/wp-login.php)」にアクセスするとログイン画面になります。

無事に管理画面が開けばこれでインストールは終了です。


参考

WordPress のインストール – WordPress Codex 日本語版

公式オンラインマニュアルなのですが、難しいことが沢山書いてあります。もしこの手順のどこかでトラブルが起きたら参考にしてみてください。

ただ、この段階でトラブってもまだ何もデータがないから、いちからやり直してもすっきりすると思います。

まとめ

WordPress のインストールもたまにしかやらないので、いざインストールすると細かいところで「あれ、これなんだっけ」となるので。今後のためにメモしておきました。

Transmit
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥3,400 (記事公開時)
App
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

IT は、Apple、Google が特に好き。 音楽は、The Stone Roses、Johnny Marr が特に好き。 好きな飲み物は、ビール。 好きな食べ物は、ラーメン。 以上です。