3D Touch を搭載した iPhone 6s / 6s Plus の長押しは「長触り」が正解だと思う

3D Touc Press

iPhone 6s / 6s Plus で導入された 3D Touch。プレスすることにより、色々なことができるようになったわけですが、急にプレスしろと言われても、実際にやる操作としては、正直なところ今までの長押しとさして変わらないのですよ。
プレスのことだけ語っている時は、加減が云々とか、浅くプレスだの、深くプレスだの言っておれば良いのですが、そのまま操作すると、途端に長押しがうまくできなくなったりしませんか?

プレスは上手になったけど、長押ししようと思ったら、今度はプレスになってしまい、今まで散々やってきた長押しがうまくできなくなるという…。

そこで、長押しとプレスについて新しい提案を。

長押しは間違いだった

Long Press Press

私のスマートフォン歴は、Windows Mobile に始まり、Android、iOS と渡り歩いてきましたが。いずれも長押しなる操作があり、私自身もずっと長押しと言う表現を使ってきましたが。これが間違いであるとの結論に至りました。

長押しではなく、長触り!

プレスの仕方を試行錯誤するのではなく、長押しの認識を改めることで、すんなんりと思い通りの操作ができるようになりました!

実際、iPhone 5s など 3D Touch を搭載していない iPhone でも、長く触れば今まで長押しと言っていた操作ができます。

iPhone のホームで、アプリのアイコンを長押しすると、アプリを移動したり、削除したりできますが。
寝る前に iPhone をいじっていて、寝落ち寸前の状態になり、意図ぜずにアプリを削除してしまったり、アプリが移動していたりしたことはありませんか? そんな時に、強く押したりしていないはずです。たまたま同じところを、長時間触ってしまっていただけだと思います。

要するにそういうことだったんです。プレスと言う操作が加わってややこしくなったわけではなく。そもそも長押しじゃなかったんです。長く触ればよかったんです。

結論を言ってしまいましたが。この結論に至る過程も、良ければ続けて読んでくだされ。

長押ししようとして、プレスになってしまう

3D Touch には非常に感動していて、積極的にプレスしたいのですが。コツをつかむまでは、長押しのメニューを出そうとして、プレスになってしまいイライラすることもしばしばありました。

Reeder Long Press as Read

Reeder のフィードリストで長押しして、既読にするメニューを出すつもりが。

Reeder Press Peek

プレスになってしまい、Peek。

Reeder 3
カテゴリ: ニュース
価格: ¥600 (記事公開時)
App
Tweetbot Long press Share Sheet

Tweetbot のリンクで長押しして、シェアシートを出すつもりが。

Twetbot Press Peek

プレスになってしまい、Peek。

Tweetbot 4 for Twitter
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥600 (記事公開時)
App

このままでは、せっかくの 3D Touch が誤操作の原因になってしまっている…。

そもそもプレスって?

English Japanese Dictionary Press

英和辞書を引いてみました。

プレスとは、押すことです!

3D Touch で言うところのプレスは、どちらかというと。この辞書の2つ目に書いてある「圧力を加える」と言うニュアンスだとは思いますが。実際に iPhone を操作するときにやることぁ一緒です。
ディスプレイに圧力を加えるために、指で何をするかと言えば、押すわけです。押せば、当然タップするよりその操作は長くなるわけで、結果とし長押ししているのと一緒です。

結局、言葉にしてしまうと、長押しもプレスも一緒です!

Long Press NagaOshi

Google 翻訳で「長押し」は? と問えば、「Long Press」と言われます。

どうりで長押しもプレスも言葉で区別なんかつかないし、言葉から実際の操作が連想しづらかったわけです。そもそも同じなんだから。プレスすなわち、長押し!

まとめ

長押しは間違い。これからは実際の操作としては。

  • プレス = 今までの長押しと同じ
  • 今までの長押し = 長触り!

言葉にするとやっぱりややこしい…。
しかしこのように考えると、プレスの実際の操作は今までもあった操作方法。長押しは、今まで間違えていたから直そう。といった感じで、整理できると思います。

ちゃんと操作できるようになると。やっぱり 3D Touch は素晴らしい!

OmniFocus 2
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥4,800 (記事公開時)
App
Evernote
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (記事公開時)
App
スポンサーリンク