Apple ID の 2段階認証の「信頼できるデバイス」を変更する方法

Apple ID

Apple ID の 2段階認証 (2 ステップ確認) の「信頼できるデバイス」を、今まで iPhone 5s にしていたんですけど。iPhone を iPhone 6s に機種変更しまして、あっちこっちのデバイスで認証出来てしまうのは、セキュリティ的によろしくないのではないかと思って。5s を信頼できるデバイスから削除して、6s に変更しました。

私の iPhone 5s を誰かが勝手に操作できる確率は低く、出来たとしても Touch ID を解除できないだろうけど。念のため。

iPhoneを探す
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料 (記事公開時)
App

My Apple ID で変更可能です

My Apple ID 01

My Apple ID にアクセスして、右上の「Apple ID を管理」からログインします。

My Apple ID 02

そして、「パスワードとセキュリティ」にある「信頼できるデバイスの管理。」から「信頼できるデバイスの追加または削除」のリンクをクリックします。

My Apple ID 03

こちらで登録されているデバイスの管理ができ、「削除」をクリックして削除したり、「確認」をクリックして追加したりできます。
ここで iPhone 5s は、削除しておきました。

ちなみに、上の方に SMS の項目がありますが、Apple ID の 2段階認証では、少なくとも 1つは SMS を受信できる電話番号を登録をしなくてはいけません。初めて設定した時に登録しているはずです。
そのため iPhone を機種変更しても、自動的に新しい iPhone は、SMS で認証コードを受け取ることができます。機種変更やナンバーポータビリティでなく、新しい番号で購入したら登録しなおしだと思いますけど。

まとめ

始めにも書きましたが、iPhone 5s のセキュリティ能力を考えると、別に 2台登録しておいても問題ないようにも思いますが。認証できるデバイスが増えれば、リスクも増えると思うので。念のため、絶対に私と一緒にいる 1台にしておきました。

信頼できるデバイスとして使用するためには、「iPhoneを探す」が必要です。

iPhoneを探す
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料 (記事公開時)
App

パスワード管理にお勧め。復旧キーなんかも 1Password に保管しておくとよろしいかと。その代わり 1Password のセキュリティにもご注意ください。

1Password
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (記事公開時)
App
1Password
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥3,600 (記事公開時)
App
スポンサーリンク