iOS 8.4.1 と iTunes 12.2.2 へのアップデートで Apple Music の不具合をいろいろ修正したらしいけど…。

Icloud music library

iOS 8.4.1 と iTunes 12.2.2 のアップデートで Apple Music 関連の不具合をいろいろ修正したらしいんですけど。結局、iCloud がポンコツなままだから、iCloud ミュージックライブラリ経由でまたデータがおかしくなっています。

これは…。本当に頭に来ています。コンピュータ好きの私が、コンピュータにこんなに頭に来るのは、Windows Vista 以来の快挙です。Windows Vista に頭にきて Mac に乗り換えた私が、よもや Apple のサービスにこんなに頭に来るなんて…。

iTunws 12.2.2 の更新内容

  • Beats 1 のバナーをクリックすることで、現在視聴している内容を確認したり、番組を見逃すことのないよう、すべての放送スケジュールを表示したりできます
  • Apple Music でフォローしているアーティストの一覧を表示できるようになりました
  • Apple Music で前のページに戻ると iTunes が元の場所を失う問題が解決されました
  • アーティストが”マイミュージック”に正しい順序で表示されない問題に対処しました
  • アクションメニューに表示されるプレイリストがライブラリ内のプレイリストに一致しない問題が解決されました
  • アーティストが、思いついたことや写真、音楽、ビデオを、iTunes から直接 Connect に送信できるようになりました

ほとんど Apple Music に関する修正。正直どーでもいい。もっと他に直すところがあるだろ?

iOS 8.4.1 の更新内容

  • iCloudミュージックライブラリをオンにできない問題を解消
  • Apple Musicがオフライン再生可能な曲のみを表示するように設定されていたために、追加した曲が表示されない問題を解消
  • 選択できるプレイリストがない場合に新しいプレイリストに曲を追加する方法を追加
  • ほかのデバイスで違うアルバムアートワークが表示される問題を解消
  • アーティストがConnectに投稿するときに起こるいくつかの問題を解消
  • Beats 1の再生中に”ラブ”をタップすると正しく動作しない問題を解消

気になったのは、「ほかのデバイスで違うアルバムアートワークが表示される問題を解消」これ。
しかし、iOS からみて「ほかのデバイスで」と言っているところが引っかかる。

やっぱりポンコツだった

結果はやっぱりポンコツでした。Apple Music の機能が “もしも” まともになったところで、デバイス間の同期は iCloud ミュージックライブラリが担っていて、その iCloud はポンコツのままだから…。

Apple Music がスタートしてから、アルバムアートワークが無くなったり、勝手に書き換わってしまったり。本当に迷惑しています。黙っていても直らないので、仕方なく時間をみては、せっせと Mac の iTunes で手動で直していました。

こんなメモを書いてみたり。
Apple Music によってめちゃくちゃにされた iTunes のアルバムアートワークを修正する方法

しかし一向に iPhone に反映されず…。
iPhone で音楽を聴くのは、通勤時だけだし。元となる Mac のデータが問題なければ、まぁいい。許容範囲。と思っていましたが…。

今回のアップデートで概ね Mac で修正したアルバムアートワークが iPhone にも反映されましたが。逆に一部は iPhone でおかしくなったままだったアルバムアートワークで、せっかく修正した Mac の iTunes のアルバムアートワークが上書きされてしまいました…。言葉もありません。

何回、修正させるんだよ!

今回はいままでみたいに勝手に書き換えられたというより。iCloud が、どちらのデータが最新であるかを、ちゃんと判断できていないのが理由だと思います。iCloud でブックマークの同期をしていると、変更しても元に戻ってしまうのと同じ現象かと。

こうなると、もはや手動で修正したアートワークも関係なく上書きされます。無差別テロ状態です。

何度でも言いますが、iCloud がポンコツ過ぎて本当に悲しいです

iCloud のサービスがスタートしてから、4年近く経つのにいまだにまともに動作しないって。クラウドサービスの重要性を考えると、Apple はこれからどうしてゆくつもりなのだろう?
MobileMe は使っていなかったけど、使っていた人の話や、ジョブズが激怒した逸話から察するに、あまりよいサービスではなかったと推測します。

Apple ってこういうサービス、ほんとに苦手ですよね。

Mansun AttackOfTheGrey Lantern true

Mansun の「Attack Of The Grey Lantern」という、美しさの中に荒々しさもある大好きなアルバムですが、何度直してもベスト版の「Legacy: The Best Of Mansun」のアルバムアートワークになってしまいます。

Mansun AttackOfTheGrey Lantern false

しかも相変わらず、アルバム内でも正しいアートワークの曲と間違ったアートワークの曲が混在している状態。

Icloud music library false

もう疲れました。

まとめ

iPhone で手動でアルバムアートワークの設定なんて出来ないんだから、100% 勝手に書き換わっています。それが iCloud ミュージックライブラリ経由で、Mac のデータを上書きしてしまっている状態です。しかもこちらでも触れましたが。私は、Apple Music は使っていません。iTunes Match を使っています。そもそもローカルのデータに影響がないというから使うことにしたのに…。
お金払って作業が増えるとか…。

今日は、文末に「…。」が多いですね。モヤモヤしています。

コンピュータのデータは一度設定したら、半永久的に使えるところがアナログなツールより気に入っている理由の 1つでもあります。故に。
コンピュータで、理由もなく何回も同じことをさせられるのが本当に嫌いなのです。

同じ作業を繰り返し実行するのは、人間ではなくコンピュータの仕事です。人間はそうなるようにコンピュータを設定してあげれば良いだけのはずです。
さらにクラウドサービスって、あるデバイスでデータを整えたら、他のデバイスでも「同じデータ」が使えるってのが便利な所以ですよね。

不思議なのが、例えば 1Password とかを iCloud で同期してもちゃんと同期できているんですよ。これは、ポンコツな iCloud の仕様を考慮してサードパーティの開発者が上手いことしてくれているってこと?

何故に、なにゆえに、iCloud がこんなにポンコツなのか、もうよく分かりません。

私が本来大好きであるはずの Apple さん、本当に iCloud を何とかして下さい。お願いです。このままだと苦痛です。

スポンサーリンク