Mac の Finder が激遅、激重で不安定極まりない場合の対処法

Finder

macOS Sierra にアップグレードした後、Finder が至極もっさりして、とにかく激遅、激重で何をするのにも時間がかかる症状に見舞われました。

これまでもたまに Finder の調子が悪くなることはありましたが、Finder を再起動すると改善していました。しかし今回は Finder を再起動しても全然ダメ。別の問題だったみたいです。

症状

私が気がついた症状を以下に示します。
ただし必ずしも全てが因果関係があると言い切れないかもしれませんが、今回紹介する方法で直ったものです。

  • ファイルの表示がとにかく遅い
  • サイズの小さいファイルでもコピー、移動がとにかく遅い
  • ファイルを Finder でダプルクリックしてもなかなか開かない
  • ファイルを「開く・保存する」ダイアログがなかなか開かない
  • アプリの「Finder で表示する」などのメニューから延々と Finder が開かない
  • Mac を再起動すると一時的に改善するが、すぐに再発する

以上のように。とにかく激遅、激重で、何をやっても長時間処理待ちとなり、ほとんど Mac が使い物になりません…。
ちなみにディスクユーティリティの検査では問題ありませんでした。

まずは Finder を再起動してみる

Restart finder forced termination

一時的に問題が生じているような場合は、大抵 Finder を再起動すると改善すると思います。

Finder の再起動の方法についてはこちらを参考にしてください。

Mac の Finder を再起動する方法いろいろ

2016.02.18

しかし今回はそれでも改善がない場合の対処法となります。

Finder の設定を初期化する

Finder の再起動で改善しない場合の次の手段は、Finder の設定を初期化します。具体的にはプロパティリストを再作成することにより、初期化します。

ただし、多くの設定が初期化されますのでその点はご注意ください。

Finder で操作

Finder Go to Preferences

Finderのプロパティリストは「~/Library/Preferences/」にありますが、Finder が不調な状態でここまで移動するのもなかなか大変な作業かと思いますので。
Finder で「Shift + Command + G」を押して、「フォルダへ移動」を開きます。
そして「~/Library/Preferences/com.apple.finder.plist」と入力して移動をクリック。

Preferences com apple finder plist

すると「com.apple.finder.plist」が選択された状態で Finder が開きます。
もし上手く開かなかったら「~/Library/Preferences」と入力して、フォルダが開いてから「com.apple.finder.plist」を探してください。

「com.apple.finder.plist」が見つかったら、念のためバックアップしてから削除します。その後 Finder を再起動して症状が改善していれば、成功です。

ターミナルで操作

どうにも重すぎて Finder で操作するのが困難な時は、ターミナルで以下のコマンドを実行してください。

これで「~/Library/Preferences」に移動します。

「com.apple.finder.plist」を「com.apple.finder.plist_OLD」にリネームします。

その後、Finder を再起動してください。

サードパーティ製のファイラーを使う

Finder 重すぎてかったるい、でもコマンドはよくわからないし怖い。って時はサードパーティ製のファイラーを使うのも手だと思います。

Transmit
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥4,100 (記事公開時)
App

Transmit は非常に優れたアプリなのですが、お値段が張るので。FTP など他の機能を使わない場合は、ForkLiftCommander One がお勧めです。ただし ForkLift はもともと有料のアプリなので、今後も無料なのか不明です。Mac App Store では ForkLift 2 が無料で入手できますが、公式サイトでは ForkLift 3 がすでに販売されております。

ForkLift – File Manager and FTP/SFTP/WebDAV/Amazon S3 client
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料 (記事公開時)
App
Commander One – dual-pane file manager
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料 (記事公開時)
App
Commander One PRO – FTPclient, RAR, 7zip extractor
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥3,600 (記事公開時)
App

プロパティリストの削除後やり直した設定

もともと使っていなかった設定もあるし、全てを網羅するのは無理なんですけど、気がついた範囲でやり直した設定もメモしておきます。気になる設定があった場合の参考程度に考えてください。

Finder 環境設定

  • 一般 : デスクトップに表示する項目
  • 一般 : 新規Finderウィンドウで次を表示
  • 詳細 : 検索実行時 (のデフォルトの検索範囲)

Finder 表示メニュー

  • タブバーを表示
  • パスバーを表示
  • ステータスバーを表示

その他

  • 表示オプション

以上です。気がついていないものがあったら、ごめんなさい。サイドバーはそのままだったのは意外でした。

おまけ

公式 Apple サポートコミュニティにマウスのダブルクリックの間隔を最大にしたところ、直ったという情報がありました。

フォルダが開くのが遅い | 公式 Apple サポートコミュニティ

僕も同様の現象になりまして、調べましたところ、海外のサイトで解決方法が書かれていましたのでお試しください。
マウスの設定を開いて、ダブルクリックの間隔を最大にしてください。それだけで、僕は治りました・・・

質問者と全く同じ状態、同じ修復をたどっても、すべてうまくいかないので、
まいっていました。
マウスのダブルクリック対策で なおりました。
かなりいろいろやっていた中で あきらめかけていたので、
たすかりました。ありがとうございます。

これは全くもって因果関係が不明なのですが、症状が出ている時に半信半疑で試してみたところ。確かに表示が遅い症状に関しては、緩和されました。ただしプロパティリストを再作成して症状がおさまってから設定を元に戻しましたが、特に不具合はありません。
よってプロパティリストを再作成するまでの回避措置としては使えるのかもしれません。

MacOS Sierra Accessibility Mouse Trackpad

マウスのダブルクリックの間隔は macOS Sierra では「設定 > アクセシビリティ > マウスとトラックパッド」で設定できます。

まとめ

Finder のプロパティリストを再作成したところ、再起動後に Finder の状態を再開することができない症状も直りました。これは大昔からちゃんとできていなかったので、まさか Finder のプロパティリストに問題があったとは思いもしませんでした。棚ぼた?

参考

Mac の「ウィンドウの復元」をコントロールする方法

2014.12.13

少々長くなってしまいましたが、以上が Finder が激遅、激重で不安定極まりない場合の対処法です。同様の症状でお困りの方は、別の原因であった場合に元に戻せるようにバックアップを取った上で、試してみてください。

スポンサーリンク

コメント