MarsEdit 4 の初回起動時に「Import Error」と表示され MarsEdit 3 から設定やデータをインポートできない場合の対処法

Marsedit4 import error

Mac のブログエディタ MarsEdit のメジャーアップデート MarsEdit 4 が、昨年 12月にリリースされたのですが、インストールだけして放置しておりました。
ようやく乗り換えようと思い、起動したところ上の画像のように「Import Error」と言うエラーが表示され、MarsEdit 3 から設定やデータを引き継ぐことができませんでした。

初めからやり直すなんて、面倒すぎます…。なんとかインポートすることができて、解決したので同様のエラーが発生した方に参考にしていただけると幸いです。

MarsEdit 4 – Red Sweater Software

原因はシンボリックリンク

MarsEdit4

私は、MarsEdit 3 の設定やデータをシンボリックリンクを使い Dropbox で同期するようにしていました。どうやらこれが、このエラーの原因だったようです。

具体的には、「/Users/ユーザ名/Library/Application Support/MarsEdit」と「/Users/ユーザ名/Library/Preferences/com.red-sweater.marsedit.macappstore.plist」を Dropboxに移動して元の場所にシンボリックリンクを張っておりました。

このエラーの原因は、以下のブログで知りました。

サポートに問い合わせたところ、送信失敗したのではないかと思えるほどのスピードで返信をもらい、Dropbox経由で環境を同期していることに問題がある可能性を指摘。結局、「MarsEdit 3」の「Application Support」の中身をごっそりコピペした結果、設定してあったショートカットキーなどは無事移行することができた。

ただし、ブログそのものの設定は引き継がれず、「MarsEdit 3」の環境設定を開きながらコピペで対応。プレビューテンプレートおよび投稿時の初期設定も残らず、通常は下書きで投稿するはずの記事がそのまま本番に反映されていて焦った。移行する場合、これまでの環境と一致しているかしっかりと確認することをオススメする。

「MarsEdit 4」、正式リリース!7年ぶりのアップデート | gori.me

サポートに問い合わせされておられるし、私の環境でもおそらく同じことをしているので、原因はこれで間違いなさそうです。
こちらのブログでは、データについては手動で対応されたようです。しかしできればそれは避けたい…。データは何とかなりそうだけど、このままだと設定も引き継げない可能性があるし。

シンボリックリンクを解除する

原因がそういうことなら、シンボリックリンクを解除してデータをオリジナルの場所に戻せば良いかと思いきや、それでも解決できませんでした。あいも変わらず、Import Error…。

私が移行処理をした時点での MarsEdit 4 は、Version 4.0.7 です。

データを元に戻したけどダメだった…。

原因がシンボリックリンクとわかったので、Dropbox においていた MarsEdit 3 のデータを元に戻すことにしました。しかし「com.red-sweater.marsedit.macappstore.plist」はシンボリックリンクを削除して元に戻すことができましたが、「LocalDrafts」などが保存されている「MarsEdit」フォルダのシンボリックリンクが「Application Support」になくなっていました。

とりあえず「Application Support」に「MarsEdit」フォルダを戻して見たけど、やっぱり「Import Error」となります。
しかも試しに MarsEdit 3 で新規投稿を作成して下書きを保存すると、Dropbox に置いてあるデータが同期される…。

データを元の場所に配置したのに、今まで通り Dropbox 内のデータが更新されている。つまり「Application Support」ではないどこかにシンボリックリンクがあり、リンク先が Dropbox になっているということになります。

データの場所が変わっていた!

どうやらデータフォルダの場所が変わってしまったようです。

データフォルダの場所がいつ変わったのかは、不明です。調べてもおりません。MarsEdit 3 のいずれかのバージョンで変更になったのか? MarsEdit 4 で変更になり、その対応のため起動したときに移動されたのか? でも MarsEdit 3 も今も元気にしておりますので、3 の時にすでに変更になっていたのかも知れません。
何れにしてもアプリ側で用意された機能を利用していたわけではないので、これは仕方がないですね。

Open MarsEdit Data Folder

MarsEdit のデータフォルダの場所は、メニューバーの Help を Option を押しながらクリックすると表示される「Open MarsEdit Data Folder」から開くことができます。

Marsedit4 import error symboliclink

いましたシンボリックリンク!
君に、会いたかったよ。

これを削除して、Dropbox に置いていたデータをここに配置し。

Marsedit4 import

やっとインポートが始まりました!

Marsedit4 Data Folder

これでようやく MarsEdit 4 に移行できました!

上記画像の通り MarsEdit 4 のデータフォルダが新たに作成され、MarsEdit 3 のデータもそのまま残るので、完全に移行できたら 3 のデータはアプリを削除する時に一緒に削除しても良いかもしれません。

ちなみに上記の方法で開いた場所は「/Users/ユーザ名/Library/Group Containers/493CVA9A35.com.red-sweater/Library/Application Support」でした。「Group Containers」の配下なので、サンドボックスの関係とかですかね?

まとめ

MarsEdit4

改めてシンボリックリンクが万能ではないことを、思い知りました。

ひとまず MarsEdit 4 では、Dropbox を使った同期を今のところやめています。
ただ以前に HDD の破損で読み込みエラーとなって Time Machine でもバックアップが取れていないことがありました。Time Machine って、この辺のエラーを教えてくれないみたいです。復元したときに、データがなくていて気がつきました。

その点 Dropbox は、早い時期に有料ユーザになっており、削除したファイルも永遠に復元できるので、HDD や SSD に破損があることに気がついても、元気だった頃のデータが復元できます。そのため大切なデータは Dropbox に置いておきたい衝動があるのですよね。今後、気が向いたときに試してみようと思います。

MarsEdit 4 – Red Sweater Software

スポンサーリンク

コメント

ABOUTこの記事をかいた人

IT は、Apple、Google が特に好き。 音楽は、The Stone Roses、Johnny Marr が特に好き。 好きな飲み物は、ビール。 好きな食べ物は、ラーメン。 以上です。