The Stone Roses のイアン・ブラウンにサインをもらったことがあります

Ian Brown のサイン

以前にジョニー・マーにサインとピックをもらったことがある話をしたことがあるんですけど。The Stone Roses のイアン・ブラウンにもサインをもらったことがあります。

場所は、ジョニー・マーにサインとピックをもらったのと同じ、新宿リキッドルームでした。
新宿リキッドルームは、出待ちがしやすくて良かったな。かなり老朽化していてライブ中、だいぶ揺れていましたが。

しかしイアンにサインをもらったのは、出待ちをしてではありません。
ライブ前にその辺を歩いていんたんですw 。自由すぎる…。

サインをもらったのは、2001年 12月 3日 新宿リキッドルームのライブ

Music Of The Spheres (International Version)

2001年の事なので、ローゼズはもちろんとっくに解散していて。3枚目のソロアルバム「Music Of The Spheres」のツアーの時だったと思います。

いつもライブの時は興奮して何も手につかず、かなり早く会場に行ってしまうんですけど。その時も早く着いてしまって、しかも一人。時間を持て余して、新宿をうろうろいていたんですけど。開場の 1時間ぐらい前になって、そろそろ並び始める人もいるかと思い。再びリキッッドルームに戻りました。

すると。なんだかよく知っている、お猿によく似た外国人が、よく知った歩き方で、その辺を歩いているんですよ。しかもたった二人きりで。

初めは、「え? イアン? いや、まさかね。さすがに違うだろ。」と思いましたが。どう見てもイアン・ブラウン!
あのような歩き方をするのは、イアン・ブラウンかリアム・ギャラガーしか知りません。

今から自分のライブがある会場の外を、開場の 1時間前ぐらいに普通に歩いとるのですよ。いやいやどう考えても、お外はあなたのファンでいっぱいいですよ。

案の定、あっという間に人だかり。
しかも新宿リキッドルームは歌舞伎町。今から夜のお仕事のための通勤で、たまたま通りかかったと思われる女性などまで「誰?だれ?」とか言いながら集まってきて、狭い路地が大変なことに…。

イアン・ブラウン、自由すぎる。
大好きw 。

イアン・ブラウンのサイン!

イアンのファンが大勢いるところに、ご本人様登場で。リッキドルーム脇の路地は、当然のごとくサイン会場になりました。

当然、私も並びましたよ。ええ。それも2回。

イアンのサインその 1

Ian Brown のサイン その1

初めに着ていた服に、サインしてもらいました。

サインしてもらう時にイアンが、「Nice Clothes. OK?」的なことを聞いてくれたけど。(いい人)
もちろん、私は「Off Course」と。

イアンのサインをゲットして、ご満悦の私。

しかし、ちょっと待て。この服、生地の色が濃くてサインが見づらいし、洗濯したら消えてしまう可能性もあるのではないか?
実際 15年経った今となっては、写真のようにやっぱり薄くなってしまいました。

そしてもう一度並ぶ私。

イアンのサインその 2

Ian Brown のサイン その2

まさかサインがもらえると思っていなかったので、何も用意しておらず。チケットの半分が真っ白 & ミシン目で切り離しができたので、それにサインをしてもらいました。

さすがに 2回目はイアンに、少しだけ「え? (こいつさっき見た)」って感じのリアクションをされましたw 。

しかし 2回並んだ当時の私、グッジョブ!
こちらは、今も鮮明です。

Ian Brown のサイン

そして、大好きな「One Love」のアナログ盤に入れて飾ってあります。

ジョニー・マーのサインとピックと並んで、我が家の家宝です。
昔、空き巣に入られた時は、真っ先にこの 3点を確認しました。
友人には「誰も盗まねーよ」と言われましたが、UK 大好きな泥棒がいるかもしれません!

新宿リキッドルームの様子がイアンのオフィシャルサイトに、そして…。

この新宿リキッドルームの様子が、当時のイアンのオフィシャルサイトに何枚かの写真とともに、掲載されていました。なんと!そこに私も写っていたのです。

Ian and me

私の方が目立っとる!?

すでに写メ付携帯というものが、世に出回っていた頃で。写メ撮ってる人がかなりいたんですけど。当時の私の携帯は、白黒液晶の年代物で、自分では写真を撮れなかったのです。
一緒にいたスタッフ (?) が撮ったのかな? ありがたや。

ちなみに、この後ステージに上がったイアンの衣装は、この服のままでした。自由すぎる…w 。大好き。

まとめ

ライブが終わってから、出待ちもしたんですけど。その時は、エレベーターの扉が開いてファンに向けて面白ポーズをとっただけでそのまま閉まって、さらに下の階に行ってしまいました。
噂だと、そのまま中で打ち上げをしていたみたいです。

この経験から後のジョニー・マーのライブでは、サインをもらうべく用意周到に挑み、そして見事、ピックとサインをゲットしました。

ジョニー・マーのライブがあった 2003年にはその約 1週間前にも、当時は元ローゼズのギタリストであるジョン・スクワイアのライブも同じく新宿リキッドルームでありました。
イアンに左側のポケットにサインしてもらったので、同じ服の右側にジョンにサインしてもらおうと思って、出待ちしましたが。その時は残念ながら不発に終わりました。

やっぱり新宿リキッドルームは良かったな。移転先の恵比寿リキッドルームは、こういうの難しくなってしまいましたね。
自分の好きなアーティストが、ほとんどフェスでしか来日しなくなってしまってからライブから遠のいていたため。去年のジョニー・マーのライブで、移転後のリキッドルームに初めて行ったんですけど。
知り合った方と余韻に浸りつつ話し込んでしまい、ちょっと立ち止まっただけで、スタッフの方に早く立ちのくように促されてしまいました。
実際、リキッドルームの前の歩道が狭い上にわりと人通りが多くて。ライブが終わって一斉に出てきたお客さんを野放しにしておいたら、大変なことになりそうだから。それも仕方がない感じです。むしろスタッフの方は、大変だろうなと思いました。

次のライブは、約 20年ぶりのローゼズの単独公演!とっても楽しみです。

ジョニー・マー に授かったピックとサイン!

2014.09.04
スポンサーリンク