Evernote はもっとテンプレートを配布するべきだと思う!Evernote 公式テンプレート「2016年 Evernote カレンダー」を入手してみました。

Evernote 2016 Calendar

Evernote が 2016年のカレンダーのテンプレート配布していたので、入手してみました。

2016 年 Evernote カレンダーを公開 – Evernote日本語版ブログ

これはもっとやるべきだと思います。

Evernote
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (記事公開時)
App

2016年 Evernote カレンダーの入手方法

2016 カレンダー

こちらにアクセスすると、Evernote の共有ノートが開きます。

Evernote 2016 Calendar 01

そのままファイルをダウンロードしてもいいんですけど。オススメは、右上の「Evernote に保存」ボタンから自分の Evernote に保存する方法。

この方が、バックアップにもなるし、使い方がわからない方は説明も一緒に保存できる。使い方が分かる場合も Finder のどこかに保存するより、後で整理する手間が省けるかと。
でもインポートするときに、一旦 Finder に保存するんですけどね。

Evernote 2016 Calendar 02

「Evernote に保存」をクリックすると、保存先のノートブックを聞かれるので、保存したいノートブックを選択して保存してください。

Evernote 2016 Calendar 03

Mac or PC の Evernote に同期できたら、添付ファイルの「名前を付けて保存」ボタンから好きな場所に保存を。

Evernote 2016 Calendar 04

保存できたら、Finder でダブルクリックすると Evernote にインポートできます。

もしダブルクリックでインポートできなかったら。公式で紹介されていた方法で、ファイルメニューからインポートしてください。

あとは、そのノートをコピーして使うなり。そのまま使って、必要になったら再度インポートするなり、煮るなり焼くなりです。

Evernote は、もっとテンプレートを配布するべき!

Keynote Template

私としては、ここからが本題なのですが。

カレンダーを Evernote で使うか? というと微妙なんですけど。テンプレートが欲しいかといえば、とっても欲しいです!

Evernote はなぜこれをもっと早くやらなかったのか? いや、今回もなぜカレンダーだけなのか?

正直、Evernote が自由すぎて使いづらいとか、どう使っていいかわからないという人は沢山いると思うのですよ。
でも、今の自由な感じも Evernote のいいところだから。それならば、自由なままテンプレートを配布するのは、使い方の提案としてとても有効だと思うのです。

私も前からテンプレートが欲しいと思っていました。

正式に Evernote のマークアップ言語というものが、定義されているみたいです。
ENML (Evernote マークアップ言語の理解) – Evernote Developers

お、おう。

使い方に迷っている人が、これを使うとは思えません。

誰でもコードを書けると思うなホトトギス!

ここはスキルのある人に頑張っていただく領域です。でも今は、それを発揮してもらう場がない。

アプリ全盛の時代に、上記のようにブラウザでアクセスしてファイルを保存して…。
この時点で嫌になってしまう人、多数です。

そこでまず、共有ノートを Evernote 内で閲覧できるようにするわけです。
そして、そこにテンプレートのマーケットのような場所も作って、その場でインポートできるようにしたら、使う人いっぱいいると思うのですよ。

スキルがある人は、いいのができたからテンプレートをそこに公開したいって思うかもしれません。ものによっては有料でもいいと思います。テンプレートなんて作れない、もしくは作れるけど面倒、あるからそれ使いたいみたいな人もいると思います。

Microsoft の Office だって、Apple の iWork だって、テンプレートが配布されています。
場合によっては、かなり高額な有料のテンプレートを購入する人だっているわけですよ。

誰でもデザインができると思うなホトトギス!

どうでしょうか? Evernote さん。

まとめ

Evernote、大好きなんですけど。最近、精彩を欠いている印象が否めません。暗いイメージのニュースばかりだし。

Evernote のユーザーって、IT のスキルが高い人から、スキルはそれほどでもないけど使いこないしてみたいって人まで、結構いい具合に幅広いと思うんですよね。

その隙間を埋めるのは、Evernote 自身の仕事であるかと。

スキルの高い人の興味が薄れてしまう前に、そういう方々の力を発揮できる場所と、それを享受できる場所を作って欲しいです。

今回の「2016年 Evernote カレンダー」テンプレートの配布で、そんなことを思いました。

Evernote
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (記事公開時)
App

いろいろ粛清されたけど。Skitch、生き残ってよかった。
お知らせ: Clearly、Evernote for Pebble、Skitch の一部バージョンのサポート終了について – Evernote日本語版ブログ

Skitch – 撮る。描き込む。共有する
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (記事公開時)
App
スポンサーリンク