Mac のアプリの終了を Karabiner を使って「Command + Q の長押し」に変更する方法

Karabiner

「Command + Q 」アプリを終了する。

「Command + W 」タブやウィンドウを閉じる。

これは時として悲劇を生むショートカットです。

なぜなら

Karabiner command q longpress 01

「Q」と「W」はお隣同士!
(使い込んだキーボードなもので、少々汚くてすみません)

Mac ユーザならブラウザを使っている時に、タブを閉じようとして、ブラウザそのものを終了してしまった経験があるはず。それも1度や2度でなく。何度も。これは完全に悲劇です。イラッと来ます。

しかし、これを回避できる設定が「Karabiner(旧 KeyRemap4MacBook)」に用意されています。

Karabiner については、よければこちらも参考にして下さい。

US キーボードの Mac ユーザー必須アプリ KeyRemap4MacBook が バージョンアップ & Karabiner に名称変更

アプリの終了を「Command + Q の長押し」にする Karabiner の設定

難しいことは何もありません。Karabiner に既に用意されているので、チェックを入れるだけです。Karabiner がないとホントに Mac を安心して使えないな。

Karabiner はこちらから入手してくだだい。
Karabiner – OS X用のソフトウェア

ではその設定です。

Karabiner command q longpress 02
  1. 「Custom Shortcuts」の中にその設定が用意されているので、左上の検索窓に「custom」と入れて検索します。
  2. 「Custom Shortcuts」を開いて、3つ目の項目がそれです。
    「Hold Command+Q to Quit Application」にチェックを入れます。
  3. 幸せになります。

まとめ

例えば、Evernote で 開いているノートを閉じようとして、Evernote そのものを終了してしまったりすると、検索して参考にしたいノートを沢山開いてた時とか、本当にヘコみますからね。また検索するところからかぁ…。みたいな。

これでヘコんだり、イラッとせずに、Mac を使うことができます。お勧めです。

スポンサーリンク