iPhone の 3D Touch でカーソルの移動と文字の選択をする方法

3d touch cursor movement character selection

iPhone で文字入力をしている時のカーソルの移動や文字の選択は、これまでディスプレイをタップして操作していましたが。iPhone 6s / 6s Plusで導入された 3D Touch を使うと、カーソルの移動と、文字の選択が少しばかり楽になります。
しかも今までにない感覚の操作なので、少し楽しいです。

3D Touch によるカーソルの移動と文字の選択

それでは、プレスしてカーソルの移動と文字の選択をしてみます。

プレスしてカーソルの移動

3d touch cursor movement

まずカーソルの移動から。

キーボードをプレスします。すると、キーボードの文字が消えてトラックパットに変わります。その状態で、指を滑らすと、カーソルを移動することができます。

画像と文字だけだと、イメージがわかない思いますので、動画も作ってみました。良ければ参考にしてみてください。

カーソルの移動

キーボードをプレスしてトラックパッドに変えるので、キーボード上でしか操作できなそうな気がしていまいますが、キーボードから指がはみ出ても大丈夫です

このモードになっている時は、例えば、メモ.app などで文字が表示されている領域で指を滑らせてもカーソルの移動が可能です。

そもそも iPhone のキーボードの領域だけだと狭くて、よほど計画的に始めのプレスをしないとキーボードの領域からはみ出ると思いますので、これは素晴らしい!
よく出てきています。

さらに深めにプレスして文字の選択

3d touch character selection

キボードがトラックパッドに変形し、カーソルの移動ができる状態で、さらに深めにプレスすると文字の選択もできます

コツをつかむまで少し複雑に感じる操作ですけど、慣れてしまえば快適です。

文字の選択

どうですか? わりとササッと文字の選択をすることができます。

プレスして、カーソルを移動し、文字の選択をしたいとろで、さらに深めにプレスです。そのまま指を滑らせれば文字の選択ができます。

Copy cut menu

カットやコピーなどのメニューは文字の選択が済んだら、タップして表示してください…。

最後は結局タップかよ!とも思いますが。
これ以上複雑にされても使わなくなるだけだから、むしろこれでいいように思います。このぐらいがちょうど良いと思います。そうじゃなくても文字の選択をするのには少しコツが必要だし。

まとめ

3D Touch サイコー!

3D Touch はかなり気に入っているので。もはやネット上に情報があふれていますが、自分のブログにも順次メモしておきたいです。

何年もスマートフォンを使っていると。スマートフォンがあるのが当たり前になり、少し飽きてきてしまった節があったのですが。iPhone 6s は久々に興奮しております。

実に素晴らしい端末です!

スポンサーリンク