Mac や iPhone、iPad、その他周辺機器のお手入れに「iKlear」を使っております

IKlear

Mac やら iPhone やら iPad やら何だか家にどんどんディスプレイが増えて。ついでに、Magic Mouse やら Magic Trackpad やらのさすったり、こすったりするものも増えて。さすったり、こすったりするものは汚れてくると直接操作性にも関わってくるし、特に iPhone は一日に何回も使う上に、目の位置も近いデバイスだから、汚れているとどうしても気になります。

昔はスマートフォンはシートを張っていることもあって、普通のウエットティッシュで拭いていたりしましたが。さすがに、iMac のディスプレイを普通のウエットティッシュで拭くのは気が引けいるし、ディスプレイ用のウエットティッシュはすぐに乾いて使えなくなってしまうことが多かったので、2年半ぐらい前に iKlear を試しに購入してみてすっかり気に入ってずっと、iKlear でお手入れしております。

とは言え、2年半で初めて使い切って今回初めて追加で購入しました。使いきってまた購入するほど気に入っているので、ご紹介したいと思います。

iKlear コンプリート クリーニングキット

2年半前に購入したのは、この「iKlear コンプリート クリーニングキット」で、セット内容は以下の通りです。

  • iKlear スプレーボトル(約60ml、機内もち込みサイズ)1個
  • iKlear スプレーボトル(約180ml)1個
  • 大判マイクロセーム革ポリッシュクロス 1枚
  • トラベルサイズ マイクロセーム革ポリッシュクロス 1枚
  • トラベルサイズ マイクロファイバーパイル地ポリッシュクロス 1枚
  • iKlear トラベルシングル(ステップ1/ウェット) 12枚
  • iPhone/キーボード用抗菌加工マイクロファイバークロス 1枚
  • キーボードカバー( iBook, MacBook, PowerBook 全モデル共通のマイクロセーム革製カバー ) 1枚

スプレーボトルは、初めの写真の右2つです。
特徴は、有害物質を含まず、アルコールフリー、ガラス、プラスチック、アルミもクリーニングできるというところです。NASA や CNN、Apple Store でも使用されているとかいないとか。

IKlear Cloth

クロスはいろいろな種類のクロスがついていて、どれがどれかイマイチ分かりづらいんですけど、たぶん写真のような感じだと思います。そう信じて使ってきました。

iKlear トラベルシングル(ステップ1/ウェット)と言うのは、携帯用に iKlear が染み込ませてあるウエットティッシュです。

IKlear wet

こんなやつ。

謳い文句はともかく、ずっと使っていて使いきって再購入したリピーターとしてはその効果には満足しております。

ポイントとしては、スプレーをケチらずにしっかり濡れるぐらいクロスに含ませてから iPhone などを拭きます。その後クロスの乾いたところで乾拭きします。すると汚れが落ちてすべすべになり、その後しばらくは乾拭きするだけで汚れが落ちやすくなります。

iPhone などはパネルがよく滑って、使っていて気持ちが良いです。

私は、普段は青色のマイクロセーム革ポリッシュクロスを使っていて、たまに銀色の方のパイル地ポリッシュクロスで磨いています。

act2 のブランド情報ページも参考にしてみてください。

iKlear

難点は少々お値段がお高い。そのぐらいです。しかし物はいいし、2年半保ったので、個人的にはありでした。

2年半のスプレーの使用頻度は、iPhone を 1日に1、2回。iPad を週に1、2回ぐらい。iMac を月に 1回ぐらいクリーニングしています。iMac、もっとクリーニングしろよって感じですが…。だいたいこんな使用頻度で 2年半ぐらいでスプレーがなくなりました。もっと綺麗好きな方だともっと早くなくなりそうですね。

今回はスプレーボトルだけ追加購入

クロスは洗って使うことができます。私はまだそんなにヘタっていなかったので、今回はスプレーだけ購入しました。

このスプレーボトルの容量が 240ml でちょうどコンプリート クリーニングキットに付いている 2本のボトルを合わせた容量と同じです。持ち運び用は、このボトルから元の小さいボトルに入れ替えて使うことにしました。

携帯用のボトルとクロスを持ち歩いていると、ウエットティッシュタイプのものもほとんど使うことが無いし、今回はスプレーボトルの購入だけで十分でした。

次になくなった時にクロスがヘタっていたら、またコンプリート クリーニングキットを購入しようと思います。もしくはクロスは別に iKlear のものでなくても良いかもしれません。そう考えると、この効果でこの容量なら安く感じるな。

セット内容の違いでいろいろ種類がありますが、結局この買い方が一番オトクな気がしています。

まとめ

パソコンのクリーニング用品もいろいろありますが、私は iKlear が気に入っていて、Apple キーボード も Magic Mouse も Magic Trackpad もこれでクリーニングしています。
やはり、お気に入りのデバイスは綺麗になっていたほうが気持ちよく使えますからね。ちょっとクリーニングの頻度が低いけど…。

デバイスや周辺機器のクリーニング用品に迷ったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク