iOS 9 では「××に戻る」と Launcher の組み合わせでパスワードの入力が少しだけ楽になった

Today Launcher

iOS 9 で「××に戻る」という機能が追加されました。これが、とても便利なのですが。これと、Today ウィジェットにアプリや設定のショートカットを追加できるアプリ「 Launcher 」を組み合わせると、パスワードの入力がいくらか楽になります。

私は、パスワードの管理及び生成を 1Password に頼りきっていまして。サービス側が対応している場合は、20文字以上にしています。とてもじゃないですけど、20文字以上のランダムな英数字をいくつも覚えられるわけがないので。1Password がないと、どこにもログインできない状態です。

1Password
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (記事公開時)
App

iOS 8 から App Extension が導入され、Safari や Chrome でサイトにログインする時も 1Password が使えるようになりました。アプリ側が対応している場合も、そのアプリ内で 1Password を使えます。

しかしアプリ側の対応が必要なため、どんなアプリでも 1Password が使えるわけではありません。

「××に戻る」が実装された iOS 9 では、この面倒な作業を少しだけ楽に実行することができます。

iOS 9 から実装された「××に戻る」とは

さっきから言っている「××に戻る」ですが。

Ios9 back to 01

例えば、こんな感じの本文にリンクのあるメールが来た時に、その URL をタップすると、Safari が開くわけですが。

その時に。

Ios9 back to 02

「メールに戻る」と左上に出るこれのこと。

この機能、正式名称はなんというのですかね?

これが、意外と便利なんですよね。1つ前に戻りたいだけの時は。ホームボタンを 2度押ししたり、左隅をプレス (6s / 6s Plus の場合) してアップスイッチャーを発動するより断然、楽。

この「××に戻る」は、何かアプリを使っている時に、通知センターから別のアプリを開いた場合も有効になります。

これを踏まえまして。

Launcher に 1Password を登録しておく

Launcher – 通知センターウィジェット搭載ランチャー
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (記事公開時)
App

Launcher は通知センターの Today ウィジェットにアプリやら各種設定へのショートカットなどを登録して起動することができるアプリなのですが。ここに 1Password を登録しておきます。それから 2段階認証が必要な場合のために、Google Authenticator も登録しておきます。別のアプリを使っている場合は、登録するアプリは適宜読み替えてください。

Google Authenticator
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料 (記事公開時)
App
Today Launcher

こんな感じに。

これにより。何かのアプリでパスワードを入力しなくてはいけなくなった。しかしそのアプリは 1Password に対応していない。

よって面倒くさい!

となった時に。

  1. 通知センターを引っ張り出して、1Password を開いて、アカウントをコピー。
  2. 「××に戻る」でパスワードを入力していたアプリに戻って、アカウントをペースト。
  3. 通知センターを引っ張り出して、1Password を開いて、パスワードをコピー。
  4. 「××に戻る」でパスワードを入力していたアプリに戻って、パスワードをペースト。

2段階認証が必要な場合は、さらに。

  1. 通知センターを引っ張り出して、Google Authenticator を開いて、コードをコピー。
  2. 「××に戻る」でパスワードを入力していたアプリに戻って、コードをペースト。

ログイン完了!

工程を言葉にすると、やっぱり面倒くさい感じがしますが。いちいちホームに戻って、1Password を開いたり、アップスイッチャーで切り替えるよりは、いくらか楽になりました。

Input password 01

設定からメールに、アカウントを追加しようとしているイメージ図です。

通知センターを引っ張り出して、1Password を起動。

Input password 02

すると、1Password の左上に「設定に戻る」が出現します。

この作業を 2回繰り返すだけ。2段階認証が必要な場合は、もう 1回。
アカウントがアドレスの場合、アドレスを辞書登録をしておくのもオススメです。アドレスなら他にも使う場面があるかと思いますし。その場合この作業は、1回もしくは、2回 (2段階認証分) で終了。

iOS 8 の通知センターからアプリや設定を開くことができるアプリ「Launcher」

2014.09.26

iOS 8 の通知センターからアプリや設定を開くことができるアプリ「Launcher」が復活!

2015.03.19

まとめ

もともとクッソ面倒くさかったのが、幾らかマシになった程度ですが。よければ参考にしてみてくだだい。

ちなみに、Today ウィジェットをランチャー化するアプリは、今回紹介した Launcher 以外にも色々あります。

Launch Center Pro は、昔からある人気のランチャーアプリで。今はウィジェットにも対応しています。私は、色々登録するのが面倒で、買ったまま使わなくなってしまいましたが…。

Launch Center Pro – Shortcut launcher and Today widget
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥600 (記事公開時)
App

Launcher も基本機能は無料で使えますが、AirLaunch も無料みたいです。

AirLaunch – Launcher on Today Widget
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (記事公開時)
App

多分この手のアプリの元祖は、Launcher だと思います。私は、アプリ内課金も済ませているので、今後も Launcher に頑張っていただきたいです!

Launcher – 通知センターウィジェット搭載ランチャー
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (記事公開時)
App
1Password
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (記事公開時)
App

余談ですが。昔、Android を使っていた頃は、ワンタップでアカウント名とパスワードの両方を、通知バーに一時的に置いてくれるという神アプリを使っていました。そこまでしてくれると、さらに手間が省けるんだけどな〜。もしくは、Pastebot に復活してほしい。

スポンサーリンク