iPhone 5s を iOS 8 にアップデート完了!1つだけ注意が必要です!

Ios8

iPhone 5s を iOS 8 にアップデートしました。様子見なんてしませんよ。ええ。一応、アップデート前に多少は問題ないか探りますけど。探りましたところ、結構話題になっていたのでいまさらですけど。注意点があったので、メモしておこうと思います。

iCloud Drive は OS X Yosemite が必要!

つまり、Yosemite はまだリリースされていないので、Mavericks が最新 の Mac OS であるにもかかわらず。iCloud Drive にアップグレードすると、iPhone のデータと Mac のデータが同期できなくなります。

iOS 8 にアップデート後のセットアップで以下の画面になったら注意してください。

Ios8 caution 01

これはさすがにいかがなものかと。。。。

iCloud Drive は後日サービス開始で良かったんじゃないだろうか? 自社の最新 OS が対応していないって。。。

「今はしない」をタップすると。

Ios8 caution 02

「iCloud Driveにアップグレードしなくてもよろしいですか?」って。

できないよ! Mac のデータと同期できないスマートフォンなんか使いたくない。
私は新機能をすぐに試したくなってしまうから、これは知らなかったらアップグレードしていたな。まさか Apple の最新の OS で対応できないことがあるなんて思いもしなかったし。

あとからいくらでも iCloud Dvive にアップグレードできます

「iCloud Driveにアップグレードしなくてもよろしいですか?」なんて念をおされると不安になるけど。セットアップで「今はしない」を選択してもあとから設定できます。Mac と同期できないと困る人は、ひとまずアップグレードしないほうがよいと思います。

Ios8 caution 03 Ios8 caution 04

設定の「iCloud」の中に「iCloud Drive」はあります。

そこからいつでもアップグレードできるので、いまはしないほうがよろしいかと。

まとめ

まさか Mavericks で、できないことがあったとは。これは危うく引っかかるところでした。

いまは「これまでで最も大きな iOS のリリースです。」のキャッチフレーズが「これまでで最も大きな iOS の地雷です。」に見えてしまいます。

逸る気持ちを抑えて、事前に情報収集してよかった。

追記

OS X Yosemite
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料 (記事公開時)
App

Yosemite がリリースされて、iCloud Drive にアップグレードできました!

Yosemite がリリースされたので、晴れて iCloud Drive にアップグレードした

Yosemite がリリースされたので、晴れて iCloud Drive にアップグレードした

2014.10.18
スポンサーリンク