Mac の Bluetooth の接続がブツブツ切れるので NVRAM をリセットしたら解決した

Apple Magic Mouse MB829J/A

Mac の Bluetooth、具体的には Magic Mouse の接続が頻繁に切れて。ずっとこちらがキレそうになっていたのですが、NVRAM をリセットをしたら解決しました。

具体的な症状としては。

普段は全く問題なく接続できているんですけど。バッテリー (eneloop を使っています) が無くなって Mac の起動中にバッテリーを交換すると、その後頻繁に接続が切れると言う状況です。酷いときは繋がったと思ったら、即切れてます。本当にキレそうでした。しかし、Mac を再起動するとまた何事もなかったかのように切断されなくなります。

マウスの電池交換をしたぐらいで Mac を再起動するとかバカげているので、対処してみた次第です。

NVRAM のリセット方法

Mac keyboard
  1. Mac が終了している状態から起動します。
  2. ジャーンと言う起動音が鳴ったら、すぐに
    Command (⌘) + Option (⌥) + P + R
    を同時に押しっぱなしにします。
  3. 押しっぱなしにしたまま、2度目の起動音が鳴ったらキーを離します。

以上です。

これだけで調子良くなりました!
何が起きているのか全く分からないので、神秘的です。

これで解決できなかった方には申し訳ないのですが、以下は NVRAM リセットの薀蓄です。気になったからいろいろ調べてみました。

NVRAM のリセットとは

Mac を使い始めた頃からハードウェア関係で何かトラブったら、PRAM クリアとか NVRAM クリアとか言うやつをやるといいと、幾度と無く目にしてきましたが。何をしてくれているのだか分かっていなかったのでついでに調べてみました。

NVRAM とは?

コンピュータに内蔵されている NVRAM (不揮発性メモリ) と呼ばれる小容量のメモリには、所定の設定情報が記憶され、この場所には OS X からすばやくアクセスすることができます。NVRAM に記憶される設定情報は、お使いの Mac のモデルと、Mac に接続されているデバイスの種類によって異なります。

NVRAM には、次のような情報が記憶されます。

  • スピーカーの音量
  • 画面解像度
  • 選択されている起動ディスク
  • 最近起きたカーネルパニックの情報 (存在する場合)

上記の機能に関係する問題が起きた場合は、コンピュータの NVRAM をリセットすると解決できることがあります。たとえば、システム環境設定の「起動ディスク」パネルで指定したものとは異なる起動ディスクから Mac が起動する場合や、Mac の起動時に疑問符アイコンが表示される場合が該当します。

Mac の NVRAM をリセットする方法 – Apple サポート

分かったような、分からないような…。ひとつだけ分かったことは、Apple のサポートページの説明には Bluetooth の接続不調については、書かれていないと言うこと。

Bluetooth も関係ありそう

Apple Magic Mouse MB829J/A

せっかく直ったのに関係無かったら悔しいので、さらに調べてみました。

OSX は USBのドングルとかBluetoothホストコントローラとかをつけたときの挙動を、ファームウェアの NVRAM ってところに bluetoothHostControllerSwitchBehavior というキーで値を設定してあげることによって以下の3種類のうちから決めることができる。

  • never: 外付けのホストコントローラにスイッチせず、つねにビルドインコントローラを使う
  • always: ビルドインコントローラからdetachして外付けのホストコントローラにスイッチする
  • default: 外付けホストコントローラがApple以外のときはビルドインからdetachして外付けデバイスを使う

MacでのBluetoothホストコントロールデバイスの優先順位の変更 – unknownplace.org

アプリの開発をする時に使える、Bluetooth 関係の技みたいです。

これはですね。プログラミングの知識がまるで無いので、自分で確認する技量が無いのですが。とりあえず NVRAM と Bluetooth は関係があるみたいです。よかった。

PRAM と NVRAM

Mac input devices

私が Mac を使い始めた頃は、NVRAM よりも PRAM の方を良く目にしました。今でもどちらかと言うと、NVRAM より RPAM を目にする方が多いです。これも違いがよく分かっていなかったので、調べてみました。

先ほどと同じ Apple のサポートページの下部に「関連情報」として以下の記載がありました。

旧型の Mac コンピュータでは、類似の情報をパラメータ RAM (PRAM) に記憶しています。Intel 搭載の Mac で上記のキーの組み合わせを使って NVRAM をリセットする方法と、PRAM のリセット方法はほぼ同じです。

Mac の NVRAM をリセットする方法 – Apple サポート

さらに Wikipedia に、より明確な記載がありました。

Macintoshにおいても似た目的で使用されている。PowerPCを搭載していた機種ではPRAM(Parameter RAM、ピーラム。相変化メモリのことではない)と呼んでいた。Intelチップを搭載してからはNVRAMと呼ぶようになった。

不揮発性メモリ – Wikipedia

と言うことなので、PowerPC だった頃の Mac は、PRAM。Intel CPU になってからの Mac は NVRAM です。Mac の CPU が Intel になってから久しいので、NVRAM を覚えておけば事足りるかな。
しかし、今でも PRAM クリアと言う言葉はよく目にするので、「NVRAM クリア」もしくは「NVRAM リセット」とほぼ同じと言うことは、覚えておいた方が良さそうです。

まとめ

Windows から Mac に乗り換えてもうすぐ 6年ぐらい経つんですけど、Mac ってトラブルが少ないから今さらこんなこと調べていたりします。そう考えるとやっぱり Mac って素晴らしいな。

乗り換えて良かった!

iCoud はポンコツですけどねー。それだけが気がかり。

スポンサーリンク